錦織敗退、ジョコビッチが8度目の4強へ

3-6、6-3、2-6、2-6で敗れる

 7月11日、テニスのウィンブルドン選手権、男子シングルス準々決勝で錦織圭(写真)はノバク・ジョコビッチに3─6、6─3、2─6、2─6で敗れた(2018年 ロイター/Andrew Couldridge)

[ロンドン 11日 ロイター] - テニスの四大大会の第3戦、ウィンブルドン選手権は11日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで男子シングルス準々決勝を行い、第24シードの錦織圭は第12シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)に3─6、6─3、2─6、2─6で敗れた。

錦織は日本の男子選手では1933年大会以来の準決勝進出をかけ、直接対決で12連敗中のジョコビッチに芝コートで初めて挑戦。第2セットを奪ってセットカウント1─1と並んだが、勢いが続かなかった。

第3セットの第5ゲームで3つのブレークポイントを生かせず、直後に自身のサービスゲームを落としてゲームカウント2─4とされたところがターニングポイントだった。

錦織は「あの場面が最大のチャンスだったが、相手が素晴らしいプレーをした。(第5ゲームが)取れていたら状況は変わっていたかもしれない」とコメント。そこからジョコビッチのプレーがより攻撃的になり、簡単にポイントを取らせてくれなくなったと述べた。

ジョコビッチの準決勝進出8回は大会のオープン化以降ではジョン・マッケンロー、ピート・サンプラス(ともに米国)と並び歴代4位タイ。次戦で第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)と対戦する。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT