錦織、7年連続でウィンブルドンの初戦突破

2回戦ではバーナード・トミックと対戦

 7月3日、テニスの四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権の男子シングルス1回戦、第24シードの錦織圭(写真)が世界ランク198位のクリスチャン・ハリソンに勝利し、7年連続の初戦突破を決めた(2018年 ロイター/Pascal Rossignol)

[ロンドン 3日 ロイター] - テニスの四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権は3日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで試合を行った。男子シングルス1回戦では、第24シードの錦織圭が世界ランク198位のクリスチャン・ハリソン(米国)に勝利し、7年連続の初戦突破を決めた。

錦織はハリソンを6―2、4―6、7―6、6―2で下した。2回戦ではバーナード・トミック(オーストラリア)と対戦する。

杉田祐一はブラッドリー・クラーン(米国)に、ダニエル太郎は第19シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)にそれぞれ敗れた。

そのほか、第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)、第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)、第5シードのフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)、第12シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)らが勝ち上がったが、第7シードのドミニク・ティエム(オーストリア)は敗退した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT