錦織、7年連続でウィンブルドンの初戦突破

2回戦ではバーナード・トミックと対戦

 7月3日、テニスの四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権の男子シングルス1回戦、第24シードの錦織圭(写真)が世界ランク198位のクリスチャン・ハリソンに勝利し、7年連続の初戦突破を決めた(2018年 ロイター/Pascal Rossignol)

[ロンドン 3日 ロイター] - テニスの四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権は3日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで試合を行った。男子シングルス1回戦では、第24シードの錦織圭が世界ランク198位のクリスチャン・ハリソン(米国)に勝利し、7年連続の初戦突破を決めた。

錦織はハリソンを6―2、4―6、7―6、6―2で下した。2回戦ではバーナード・トミック(オーストラリア)と対戦する。

杉田祐一はブラッドリー・クラーン(米国)に、ダニエル太郎は第19シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)にそれぞれ敗れた。

そのほか、第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)、第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)、第5シードのフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)、第12シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)らが勝ち上がったが、第7シードのドミニク・ティエム(オーストリア)は敗退した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。