錦織、7年連続でウィンブルドンの初戦突破

2回戦ではバーナード・トミックと対戦

 7月3日、テニスの四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権の男子シングルス1回戦、第24シードの錦織圭(写真)が世界ランク198位のクリスチャン・ハリソンに勝利し、7年連続の初戦突破を決めた(2018年 ロイター/Pascal Rossignol)

[ロンドン 3日 ロイター] - テニスの四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権は3日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで試合を行った。男子シングルス1回戦では、第24シードの錦織圭が世界ランク198位のクリスチャン・ハリソン(米国)に勝利し、7年連続の初戦突破を決めた。

錦織はハリソンを6―2、4―6、7―6、6―2で下した。2回戦ではバーナード・トミック(オーストラリア)と対戦する。

杉田祐一はブラッドリー・クラーン(米国)に、ダニエル太郎は第19シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)にそれぞれ敗れた。

そのほか、第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)、第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)、第5シードのフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)、第12シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)らが勝ち上がったが、第7シードのドミニク・ティエム(オーストリア)は敗退した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。