JAL新社長に直撃、LCCで「B787」を飛ばす理由

整備一筋30年、赤坂社長が語る航空機の真髄

――中長距離LCCのビジネスモデルは、業界内でまだ確立されていない状況です。5月の発表時に参考にした会社として挙げていたノルウェージャン・エア・シャトルは787を大量導入した結果、直近は赤字に転落しています。収益性の確保に自信を持てるようになった背景は何でしょうか。

そもそも中距離路線を飛ばすということ自体が、誰でもできる話ではない。国内ではわれわれとANAしかない。ノルウェージャンとは異なり、もともとJAL本体で787を40機飛ばしている。LCCもグループ内になるので、オペレーションや整備面はスケールメリットを生かせる。787を単独で飛ばすキャリアよりもアドバンテージは大きい。

成田空港を飛び立つJALのボーイング「787-8」型機(撮影:尾形文繁)

さらに(ノルウェージャンが本拠とする)欧州とはマーケットがまったく異なる。周囲を海に囲まれた日本は地理的に有利で、日本人自体の需要が大きい。そこに訪日外国人がどんどん増えてくる。プレーヤーが限られるだけに、この事業は成功させなければならない。

路線としてはフルサービスと重なるところもあれば、LCCでこそ収益性が確保できるところの2通りがある。カニバリのリスクは考えていないので、要はLCCとしての需要がある路線をきちんと選んで、育てていくということに尽きる。個人的には今飛ばしていないところにできるだけ路線を張り、バリエーションを増やしていきたい。

1年に2機ずつ、慎重に増やす

――とはいえ株主などからは、未知の領域だけに事業性に対する不安の声も聞かれます。

2020年の就航時には2機体制だが、1年に2機ずつをメドに増やしていく。少しずつ実績を示すことで、ステークホルダーの皆さんが持っている疑問や不安に応えていかないといけない。初めから10機で、といったようにドカンとやるのではなく、慎重にスタートして徐々に拡大したい。

短距離LCCは競合もかなり多く、先に規模でマーケットを押さえてしまうほうがいいから、成長のスピードが速い。ただ長距離路線の場合は、まだ競争関係があまりない。環境はつねに変わるので油断はできないが、徐々に広げていくということで大丈夫だ。

――JALやANAのように大手が持つオペレーションの強みとは具体的に何でしょうか。

飛行機は車とは違う。安全に飛ばさなきゃいけない。さらに787は機材自体も高いし、部品も高い。多くの短距離LCCが運航しているボーイング「737」やエアバス「A320」とはメンテナンスコストが違う。B737やA320は中国やフィリピン、シンガポールなど、日本の近くに整備できるところがたくさんある。だが787は多くない。

長時間洋上飛行するための安全性の確保や、時差がある中での運航サポートも必要。さらに海外の就航先でのロジスティクスも必要になるが、既存のネットワークを活用すればいい。たとえば乗員をどこに泊まらせて、空港までどうやって送迎するかといったこと。1日1便しか飛ばない都市も出てくるだろう。すべて1つのノウハウであり、これを(新興LCCのように)一から作り上げるのは至難の業だ。

次ページ破綻時の退職者も応募可能に
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT