米アップル、目標株価620ドルの声

ゴールドマンなどが目標株価を引き上げ

10月29日、ゴールドマンなど証券各社は、米アップルの目標株価を相次いで引き上げた。写真は独ミュンヘンのアップルストアで昨年9月撮影(2013年 ロイター/Michael Dalder)

[29日 ロイター] - 証券各社は29日、米アップルの目標株価を相次いで引き上げた。ゴールドマン・サックスは、米アップルの目標株価を560ドルから620ドルに引き上げた。投資判断は「バイ」としている。

バークレイズも目標株価を540ドルから585ドルに引き上げた。投資判断は「オーバーウエート」。

JPモルガンは545ドルから600ドルに引き上げ、投資判断を「オーバーウエート」とした。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT