良品計画社長「今後も価格見直しを実施する」

値下げの効果で客数は増加

 7月4日、良品計画 <7453.T>の松崎暁社長は決算会見で、値下げの原資があれば、今後も価格の見直しを実施すると述べた。都内で2015年撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 4日 ロイター] - 良品計画 <7453.T>の松崎暁社長は4日の決算会見で、値下げの原資があれば、今後も価格の見直しを実施すると述べた。値下げの効果で客数は増加しており、国内事業の収益に寄与しているという。

価格引き下げを行った結果、2018年2月期は客数が6.1%増加したのに続き、3―5月期も8.3%増と伸長した。松崎社長は、値下げの効果について「客単価は下がっているが、客数が増加しているのは極めて大きな効果。これによって、国内事業の営業収益を押し上げている」と述べた。

2018年春夏向けに続き秋冬向け商品でも、衣服の20―25品目、生活雑貨の約180品目の計約200品目を値下げする方針。値下げの原資は、数量増による原価低減効果や為替動向、地域ごとの減税や免税の制度の活用など。松崎社長は「これからも価格下げの原資があれば、価格の見直しをする」と述べた。

消費者は、購入頻度の高い商品については、価格に対して厳しいという。一方、高価格の商品も売れており、メリハリ消費は継続している。

2018年3―5月期の連結営業利益は前年同期比12.2%増の133億円になった。中国を含む東アジア事業が伸長したほか、国内事業も好調に推移した。

2019年2月期の連結売上高は前年比11.8%増の4243億円、営業利益は同10.4%増の500億円の計画を据え置いた。トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト11人の営業利益予測の平均値は507億円となっている。

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。