小田急「自動運転バス」で夢見る鉄道新時代

移動から買い物まで「1つのサービス」に

まだ具体的にどのようにサービスを提供するかは未定の部分がほとんどというが、現在配信されている、運行情報などや列車位置情報を提供しているアプリ「小田急アプリ」を拡張する形で小田急グループの鉄道・バス・タクシー事業者をシームレスにつなぐ案内を徐々に提供していく形も考えられそうだ。

また、さらにはグループ内の商業施設を巻き込んでいくことも考えているという。そうすればどうしても生じてしまう待ち時間の間での買い物までサポートすることとなり、沿線住民と小田急グループがwin-winの関係を構築することができる。さらに先述の自動運転と組み合わせればより高頻度で面的な輸送サービス提供が可能となり、ストレスのない移動が実現するかもしれない。

輸送サービスで沿線価値を高める

ここまで、小田急グループの新たな経営戦略に触れた。この「次世代モビリティを活用したネットワークの構築」は複々線事業の次にある大きな目標としてもとらえることができる。そこにグループを包括する概念として「MaaS」を持ち込み、それを支える技術として「自動運転バス」を支援し、今までの鉄道路線という「線」ではなく、バスも含めた「面」的な輸送サービス向上に努めようという思惑だろう。

首都圏では鉄道事業者による「沿線競争」が近年しきりに言われているが、各社によって得意な分野は異なる。筆者は、小田急グループの強みは複々線事業や社員教育を通じて取り組んできた輸送サービスの堅実な運用と着実な価値向上なのではないかと思う。今回発表された新たな中期経営計画ではこうした強みをさらに生かして沿線価値向上を図ろうとしているように映る。

これは東急グループのような不動産開発によるまちづくりに比べて一見すると派手さはないかもしれないが、沿線に住むことを「快適」に感じてもらおうという意味では変わらない。だからこそ、小田急グループが自社の強みを生かして自動運転バスの実用化やMaaSの提供を行おうとしていることに対しては非常に期待が持てる。今後、小田急の提供する新たな輸送サービスや沿線のまちの姿の変化は要注目だ。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。