ゼネコンの株主総会に垣間見た「謝罪の流儀」

無風の大林と紛糾の大成、明暗を分けた理由

6月26日に開催された大林組の株主総会。出席株主は556人と、前年から176人増加。所要時間は1時間40分で、昨年の31分から1時間以上も長くなった(記者撮影)

「株主の皆様に多大なご心配をおかけしておりますこと、心から深くお詫び申し上げます」――。

目の前の株主に深々と頭を下げたのは、大林組の蓮輪賢治社長。だが心なしか、会場には穏やかな雰囲気が漂っていたという。

無風だった大林組の株主総会

リニア中央新幹線をめぐる談合疑惑に揺れた大手ゼネコン4社。6月26日に大林組と鹿島、6月28日に大成建設と清水建設の株主総会が開催された。昨年12月の公正取引委員会による立ち入り検査や今年3月の東京地検特捜部による起訴を経て、騒動後初の株主総会となった。

株主にとっての関心は、経営陣の監督責任だけでない。立ち入り検査や起訴を受け、国土交通省やほぼすべての都道府県、さらに市町村が4社に対して指名停止処分を下した。一部では入札の辞退や契約済みの工事の解除も相次ぐなど、どこまで余波が及ぶかも見通せない。そんな状況を受け、株主がどんな反応を示すのかが注目されていた。

ここまで明暗が分かれた株主総会も珍しい。6月26日、東京・品川に構える大林組本社で行われた株主総会は、結論から言えば「無風」だった。冒頭で蓮輪社長が謝罪こそしたものの、声を荒らげる株主も、質疑応答で経営陣の責任を問いただす株主もいなかった。肝心の質疑応答では、株主還元や社外取締役の意義、役員への女性の登用、海外展開の見通しなど、建設業以外でも話題に上りそうな内容ばかりが続いた。

次ページ火消し対応が徹底していた大林組
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。