フジメディアHD総会、出席株主と埋まらぬ溝

修正動議が連発、経営課題への質問は皆無

フジテレビジョンを傘下に持つフジ・メディア・ホールディングスの株主総会は、今年も終始荒れ模様だった(記者撮影)

毎年、一部株主からの過激な発言が飛び交うフジ・メディア・ホールディングス(HD)の株主総会。今年は長年トップを務めた日枝久前会長が代表を退き、嘉納修治会長、宮内正喜社長がグループの指揮を執る体制に移行して初めての総会だったが、株主の修正動議が相次ぐなど、荒れ模様となった。

フジメディアHDは6月27日、本社近くのホテル、グランドニッコー東京 台場で第77回定時株主総会を開催した。昨年同様、会社側が提案した議案である「剰余金の処分の件」「取締役17名選任の件」「監査役1名選任の件」は承認され、株主側からの修正動議はすべて否決された。10時から始まった総会は2時間40分(昨年は2時間58分)で閉会となった。

業績や戦略の質問が相次ぐかと思いきや…

フジメディアHDの前2018年3月期は、営業利益252億円(前期比13%増)で5期ぶりの増益となった。都市開発事業の中核、サンケイビルが保有ビルの売却で業績を牽引。放送事業の主力であるフジテレビジョンもコスト削減や業務の見直しを徹底、営業利益44億円(前期比10%増)と6期ぶりの増益だった。

また5月には、近年目覚ましい成長を見せる都市開発(今期から都市開発・観光事業に改称)ではなく、フジテレビの増益によってグループを成長させる中期計画を発表した。このため、今回の総会は、前期実績についての評価や、今後の成長戦略に関する質問が相次ぐかと思われた。

しかし、今年もスムーズな総会とはならなかった。会社側の報告が一通り終了すると、質疑は株主の強烈な修正動議で幕を開けた。

「日枝取締役と(フジテレビで編成・美術制作を統括する)石原隆取締役は取締役ではなく、監査役になるべき。また、AKB48グループの指原莉乃氏を取締役にして視聴率を上げ、嫌なら見るなで有名な(お笑い芸人の)岡村隆史氏も取締役として視聴率が下がった責任をとってほしい。ダウンタウンの浜田雅功氏はギャラが高いので取締役に。(高須クリニック院長の)高須克弥氏、元NHKの登坂淳一アナとNHKから国民を守る党の立花孝志氏。お笑いビッグ3のタモリ氏、ビートたけし氏、明石家さんま氏、その娘のIMALU氏、(お笑い芸人の)小峠英二氏も取締役にする」という驚きの内容だった。

次ページ決議事項と関係のない提案が相次ぐ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
保険の罠<br>いらない商品すべて教えます

医療保険、がん保険、介護保険、認知症保険、終身保険、貯蓄性保険、外貨建て保険、変額保険…。あなたは不要な生命保険に入りすぎていないか? 長い人生を考えたとき、役立つのは実は保険より貯蓄。ムダな保険の断捨離の仕方を教えます。