日本海洋掘削、会社更生手続き開始申し立て

単体負債総額904億円、7月23日付で上場廃止

 6月22日、日本海洋掘削は、会社更生手続き開始の申し立てを決議し、東京地裁に申し立てを行い受理されたと発表した。写真はベトナム南部沖の同社掘削基地。4月にブンタウ沖で撮影(2018年 ロイター/Maxim Shemetov)

[東京 22日 ロイター] - 日本海洋掘削<1606.T>は22日、会社更生手続き開始の申し立てを決議し、東京地裁に申し立てを行い受理されたと発表した。負債総額は単体で約904億円、同時に会社更生手続きを申し立てたオランダ法人が約321億円。

海洋掘削グループは、海洋掘削市況の長期低迷を受け、2018年3月期まで3期連続で営業損失を計上するなど業績が低迷。同期に155億円の債務超過に陥っていた。

東京証券取引所は同日、日本海洋掘削を7月23日付で上場廃止とすることを決定した。

人気記事
トピックボードAD
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 家族会議のすすめ
  • 女性の美学
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大停電の北海道電力<br>情報開示を豪州に学べ

大地震をきっかけに、北海道全域で大規模停電が発生した。電力復旧は急ピッチだが、情報開示への消極姿勢は疑心暗鬼を招いた。2年前に大停電が起きた豪州の事例に学ぶ点が多い。