日本海洋掘削、会社更生手続き開始申し立て

単体負債総額904億円、7月23日付で上場廃止

 6月22日、日本海洋掘削は、会社更生手続き開始の申し立てを決議し、東京地裁に申し立てを行い受理されたと発表した。写真はベトナム南部沖の同社掘削基地。4月にブンタウ沖で撮影(2018年 ロイター/Maxim Shemetov)

[東京 22日 ロイター] - 日本海洋掘削<1606.T>は22日、会社更生手続き開始の申し立てを決議し、東京地裁に申し立てを行い受理されたと発表した。負債総額は単体で約904億円、同時に会社更生手続きを申し立てたオランダ法人が約321億円。

海洋掘削グループは、海洋掘削市況の長期低迷を受け、2018年3月期まで3期連続で営業損失を計上するなど業績が低迷。同期に155億円の債務超過に陥っていた。

東京証券取引所は同日、日本海洋掘削を7月23日付で上場廃止とすることを決定した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT