「世界一の焙煎士」が嘆くコーヒー業界の窮地

生産地は危機的状況だが、技術革新の希望も

オランダ製の焙煎機の音が響く中、作業に没頭する後藤さん。その姿はまさに職人だ(筆者撮影)
「世界一のコーヒー焙煎士」の後藤直紀さん。2008年に福岡県大野城市で「豆香洞(とうかどう)コーヒー」を開店し、2013年にロースター(焙煎士)の世界大会で優勝。今年2月には、テレビ番組「マツコの知らない世界」に出演したことで注目が高まった。そんな後藤さんは今、大手企業とタッグを組んで、“おうちコーヒー”の新しい可能性に挑戦している。そこには、コーヒーへの深い愛情と絶望があった。 

後藤さんが焙煎士になったきっかけ

福岡のイベント会社で働いていた後藤さんがコーヒーの世界に踏み込んだのは、25歳のとき。なじみのコーヒー店主のひと言がきっかけだ。「自分で豆を焼いたほうが安いよ」。生豆を分けてもらい自宅で焙煎するうち、その奥深さとコーヒー業界の人たちに魅かれて、「30歳までにロースターになる」と決意。

2年の独学を経て、東京で開かれた2日間の開業セミナーに参加した。その際、東京の名店を巡り、自分のレベルの低さに愕然としたという。

「明日にでも開業できると思っていたのに、プロとアマの差がはっきり見えて……開業はまだまだと悟りました」。福岡で会社員を続けながら、東京の老舗「カフェ・バッハ」の田口護さんのもとに3年通い、「がっついて」焙煎を学んだ。

外から焙煎スペースが見える豆香洞コーヒー。コーヒー通はもちろん、親子連れから地元の年配の人たちまで、いろいろな人に愛されている(筆者撮影)

32歳で、大野城市に小ぢんまりとした「豆香洞コーヒー」をオープン。

「家庭のコーヒーをおいしくしたい」という思いから、喫茶ではなく、焙煎した豆の販売をメインにした。

「最初の数年は私ひとりで、都心から離れた店にわざわざ豆を買いに来てくれるお客さんとカウンター越しにゆっくり話しながら、自宅でおいしく淹(い)れる方法をお伝えしたりしていました」。

開業してからも日々勉強。東京で味わった挫折感がトラウマとなり、トップレベルの仕事を見たくて競技会にも参加。2013年フランスで開催された「World Coffee Roasting Championship」に出場すると、見事チャンピオンに輝いた。「私は総合点でたまたま優勝できただけ。1つひとつの技術を見ていくと、世界にはものすごい人がいっぱいいると刺激を受けました」と語る横顔に、飽くなき向上心と謙虚さがにじむ。

後藤さんが店を開いて、今年で11年目。世界一の焙煎士となり、明るい未来を描いているのかと思いきや、「生産地の危機的な状況を目の当たりにして絶望している」と打ち明ける。

次ページ 5年前に産地を訪れ、驚いたこと
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。