ななつ星も乗り入れる「門司港駅」の潜在力

かつての「九州の玄関口」は観光客で大盛況

毎週火曜日の昼過ぎに「ななつ星 in 九州」が入線。車両基地に入って機関車を付け替え、推進運転でホームに到着(撮影:久保田 敦)

最近の大きな話題に、クルーズトレイン「ななつ星in九州」の乗り入れが挙げられる。本年3月のツアーから博多火曜日発の3泊4日コースの初日が正式に博多~門司港~大分経由で豊肥本線に入る設定となった。あえて「正式に」と記したのは、じつは昨年のメンテナンス入場後の8月の運転再開時、7月の北九州豪雨で久留米から久大本線に入るルートが不通となって急遽、門司港、日豊本線経由に変更されたためである。ところが9月には台風18号に見舞われ日豊本線が不通、再度のコース変更で長崎へ向かうこととなり、臨時の門司港経由はわずか1カ月で消えた。だから、正規の立ち寄りは今春3月27日からとなった。

機関車牽引の「ななつ星」が頭端式の門司港駅で折り返すには、どうするか。通常の尺度では計れない列車なので、じつに興味深い。

博多からやってきた列車は、最初はなんとホームに入らず車両基地の中2番線に到着する。そこに機回し線があるためで、機関車を反対側に付け替えて門司方に引き上げ、そして改めて推進運転でホームに据え付ける。中2番到着は12時45分だが、ホーム据え付けは13時16分。せっかくの門司港散策時間がずいぶん削がれてしまう……などと思うのだが、当の乗客たちはまったく意に介さないらしい。

機関車付け替え作業は乗客に大人気

見る機会のない車庫の中に割り込んで行ったと思うや、やおらヘルメット姿の係員(操車担当)が大窓の外に現れて連結を切る。機関車を移し替えて移動したと思ったら、今度は大窓をフルスクリーン状態にして頭端式ホームの終端に向けて静々と進入してゆく。折しもランチタイムの終盤だが、乗客たちはそっちのけでカメラを手に手に、初めて見る光景に夢中になるのだとか。運転の助役、曰く。

「みなさま、大きな窓からこちらの作業をご覧になっているのですから、それは今までになく緊張しました。お食事中ですから連結はとても気を遣います。でも、大変喜んでくださり、うれしいですよ。囲いが取れたら立派な駅舎に向かって近づいてゆくのですから、最高でしょう?」

ホームでは駅長、副駅長から駅員、北九州市の職員、門司区のマスコット「じーも君」もお出迎えをして、地元語り部の方による門司港駅のご案内。わずか数十分の途中下車ながら、ちょっとだけ街に出る人もおり、14時35分の発車までを存分に楽しんでゆくと言う。

次ページレトロの街にはトロッコ観光列車も
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 病やがんと向き合う心のつくり方
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT