ウェンディーズを襲ったネズミ入りパン騒動

従業員のフェイスブック投稿が炎上

「ウェンディーズ」で大きな騒動が起きている(写真:REUTERS/Mario Anzuoni)

[ニューヨーク(ロイター)]-「ウェンディーズ」で大きな騒動が起きている。6月14日、オクラホマ州にある店舗の従業員が、ハンバーガーバンズの袋の中に1匹のネズミが入り込んでいる動画を撮影し、それをSNSに投稿。この動画が拡散する中で、ウェンディーズは人々の攻撃の的になっている。

Facebookに投稿された動画より

このフェイスブック動画はオクラホマ州カトーサのウェンディーズで撮影したものであると、同店従業員のスカイ・フレーム氏は投稿の中に書いている。この短い動画は、ハンバーガーバンズが入った袋の中で1匹のネズミが顔を覗かせている様子を映している。

「ウェンディーズにはネズミがいるだけではありません。そこら中にたばこを置きっ放しにしている同僚もいます。皆さん、カトーサのウェンディーズで食事をしてはいけません」。6月14日の動画と、調理場にある火のついていないたばこを写した写真を添え、フレーム氏はそのようにフェイスブックに書きこんだ。

ウェンディーズの広報担当者は、地元の保健所が6月15日にレストランを訪れたが、違反行為は何も発見されなかったと述べた。「これはこのレストランで偶発的に起きた出来事であり、供給業者や流通レベルで起きた問題ではありませんでした」と広報担当者は声明の中で述べた。

「フランチャイズ店のオーナーは、この状況を認識しており、問題を非常に深刻に捉えています。直ちに害虫駆除業者や同店舗の品質保証専門家たちとともに調査を行い、迅速かつ適切な対応を取ろうとしているところです」(広報担当者)。

(文:アラーナ・ワイズ)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。