「年金の繰り下げ」は100%おトクとは言えない

「年の差婚」をした夫婦は特に要注意!

たしかに、繰り下げ支給は長生きするほど得になる仕組みです。

前出の中嶋さんが65歳で受け取る場合の年金額が100万円だとしましょう。70歳まで繰り下げすると5年間で500万円を受け取らない代わりに、70歳から受け取る年金は142万円に増えます。増えた分が500万円に追いつくのは81歳のときで、81歳が5年間繰り下げる場合の「損益分岐点」となります。繰り下げる月数にもよりますが、おおよそ12年程度が「損益分岐点」で、それより長く生きれば生きるほど得、それより早く亡くなると損、ということです。

何歳まで生きられるかは神のみぞ知るですからたしかに難しいところですが、長生きしなくても損を避ける方法はあります。ズバリ、「危険を感じたらすぐに受給を開始し、繰り下げている期間分については一括で受け取る」という方法です。

『100歳までお金に苦労しない定年夫婦』書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

年金は支給開始時期が近付いたら自身で受け取りの手続きをする必要がありますが、繰り下げたい場合は受け取りの手続きをしなければOK。受け取りたくなったときに「繰り下げの請求書」を提出することで、増額された額が支給されるようになります。

もしも、体調が悪いなどで長生きする自信がなくなってきたら、「繰り下げの請求書」は提出せず、通常の受給開始の手続きをします。すると、それまで請求しなかった期間分の年金は一括で支給され、その後、もともとの額(上乗せされない額)が支給されます。上乗せはなくなりますが、請求しなかった分は全額を受け取れるので、得もしないけれど貰い損ねることもなし、というわけです。

では、繰り下げている間に亡くなったらどうなるでしょうか。その場合は、未支給分として遺族が一括で受け取ることができます。

結果的に「損する」かもしれないが、困るわけではない

ただし、年金を受け取りはじめてからは一括請求も、繰り下げ支給の選択もできません。つまり、繰り下げ支給を選んで受け取りを開始したあと、「損益分岐点」を待たずに亡くなると、結果的に損してしまうことになります。

損するのは嫌ですよね。嫌だとは思いますが、年金はいわばリタイア後の生活費です。亡くなってから必要になるものではありませんから、「それはそれでいい」、と割り切るのもひとつの考え方です。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT