クレディ・スイス、3Q純利益は予想下回る

投資銀行部門の税引き前利益は50%超減少

10月24日、クレディ・スイスが発表した第3・四半期決算は、純利益が4億5400万スイスフラン(5億0910万ドル)と、前年同期の2億5400万スイスフランから増加した。写真はチューリヒで2月撮影(2013年 ロイター/Michael Buholzer)

[チューリヒ 24日 ロイター] - スイスの金融大手クレディ・スイスが24日発表した第3・四半期決算は、純利益が4億5400万スイスフラン(5億0910万ドル)と、前年同期の2億5400万スイスフランから増加した。

ただ、アナリスト予想平均の7億0500万スイスフランは大きく下回った。

全体の収入は約1%減。投資銀行部門の収入は債券トレーディングおよびセールス事業の不振が響き、20%近く減少した。投資銀行部門の税引き前利益は50%超減少し、2億2900万スイスフランとなった。

プライベートバンキング・ウェルスマネジメント(富裕層向け)部門では新規純資産が81億スイスフランとなった。収益性の高い資産運用商品や、超富裕層、新興国市場の顧客から多額の資金が流れ込んだ。

クレディ・スイスは、リターン改善に向け、金利トレーディング事業の再編と簡素化を進めていると発表。また、2015年末までのコスト削減目標額を少なくとも1億スイスフラン上乗せし、45億スイスフラン以上とした。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT