クレディ・スイス、3Q純利益は予想下回る

投資銀行部門の税引き前利益は50%超減少

10月24日、クレディ・スイスが発表した第3・四半期決算は、純利益が4億5400万スイスフラン(5億0910万ドル)と、前年同期の2億5400万スイスフランから増加した。写真はチューリヒで2月撮影(2013年 ロイター/Michael Buholzer)

[チューリヒ 24日 ロイター] - スイスの金融大手クレディ・スイスが24日発表した第3・四半期決算は、純利益が4億5400万スイスフラン(5億0910万ドル)と、前年同期の2億5400万スイスフランから増加した。

ただ、アナリスト予想平均の7億0500万スイスフランは大きく下回った。

全体の収入は約1%減。投資銀行部門の収入は債券トレーディングおよびセールス事業の不振が響き、20%近く減少した。投資銀行部門の税引き前利益は50%超減少し、2億2900万スイスフランとなった。

プライベートバンキング・ウェルスマネジメント(富裕層向け)部門では新規純資産が81億スイスフランとなった。収益性の高い資産運用商品や、超富裕層、新興国市場の顧客から多額の資金が流れ込んだ。

クレディ・スイスは、リターン改善に向け、金利トレーディング事業の再編と簡素化を進めていると発表。また、2015年末までのコスト削減目標額を少なくとも1億スイスフラン上乗せし、45億スイスフラン以上とした。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。