「モンストグランプリ」がズバ抜けている理由

台湾でのeスポーツ大会は朝6時から行列

台湾での『モンスターストライク』eスポーツ大会の様子。トッププレーヤーのプレーに観客は大いに盛り上がりました(筆者撮影)

5月12日に台湾の台北市にてXFLAGが『モンスターストライク スタジアム』のeスポーツ大会を開催しました。台湾版モンスターストライク『怪物彈珠』(グァイウダンズゥ)のローンチ4周年を記念するイベント「眉飛肆舞」(メイフェイスーウゥ)の一貫として行われたものですが、『モンスト』初の海外でのeスポーツイベントとなりました。

eスポーツらしく国際色が豊か

台北と高雄の2カ所で開催された予選には計200人以上の参加者が訪れ大盛況となりました。その予選を勝ち抜いた上位2チームをそれぞれ地域の代表とし、5月12日に台北で行われた4周年イベントで決勝戦が行われました。

優勝したチームは、6月30日に日本で開催されるエキシビジョンマッチへの参加権が与えられ、香港、台湾、日本の3チームによる対戦が実施されます。そしてその翌日にモンストグランプリ2018の決勝戦が行われます。

台湾版モンスト『怪物彈珠』のローンチ4周年記念イベント(筆者撮影)

いよいよeスポーツらしく国際色が豊かになってきた『モンスト』の大会ですが、国内では2015年から開催されており、現在のeスポーツのムーブメントよりも以前から開催されています。

そこで、モンストグランプリの企画運営を取り仕切っているXFLAGの新規事業開発部コンテンツ・マーケティンググループマネージャーの比奈本真氏にeスポーツの運営や現状、今後について話を聞いてきました。

次ページeスポーツの状況の変化
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。