新幹線「乗客の手荷物チェック」は現実的か

海外高速鉄道「手荷物検査」の実態とは?

中国高速鉄道の駅入口にあるセキュリティチェック(編集部撮影)

この手のセキュリティチェックを最も厳格に行っているのは中国だろう。世界最大級の高速列車網を擁する中国では、車両や駅を含む鉄道関連施設の破壊をテロ行為から守るため、全乗客のすべての荷物に対して待合室の手前でスキャンチェックを行っている。

だが、定員が1000人を超える列車も数多く運行されている状況の中でも、検査場は意外と混んでいないように見える。空港では液体物やパソコンをカバンから取り出して、別のトレーに入れて、といった段取りが必要だが、中国の駅では何でもかんでもカバンに入れた状態でスキャンするので、時間に関してはそれほどストレスにはならない。

駅の規模が日本とは違う

JR東海の金子慎社長は、13日に行われた定例記者会見の席上、「鉄道の利便性を損なう手荷物検査は困難」との見方を示した。ところが、CRHは7~10分間隔で出発しており、「中国でできて、日本でなぜできないのか?」という疑問が残る。

中国国鉄では、所持品検査だけでなくボディチェックもあり、待合室への入口はいつも混雑している(広州東駅にて筆者撮影)

これについては、中国では主要駅の規模が日本と比べ物にならないほど大きい、というのが大きな理由ではないだろうか。たとえば中国南部の広州南駅はCRHの一大ハブターミナルとなっているが、実に28本ものホームがずらりと並んでいる。

また、中国の場合、チケットを買う際に実名をチェックし、そのデータを券面に打ち込むほか、鉄道オペレーター側が身分証明書(外国人の場合はパスポート)のデータを保管しており、万一の際はこれらのデータを使って犯人を特定することが想定されている。

したがって、当局は駅でのセキュリティチェックで怪しい者を発見するだけでなく、チケットの購入段階で監視中の人物はいないかといった、なんらかのチェックを行っている可能性が高い。

次ページ中国は地下鉄でも荷物チェックが
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT