BMW2シリーズ「7人乗り」3年目で見せた進化

グランツアラー改良、前輪駆動の何が悪い!

BMW2シリーズがマイナーチェンジを施した(写真:BMW)

BMWといえば、後輪駆動(FR)を売りとしてきた高級車メーカーだ。そのBMWが初めて投入した前輪駆動(FF)ベースの車種が「2シリーズ」の「アクティブツアラー」(最大5人乗り)と「グランツアラー」(最大7人乗り)である。

これまでのBMWらしからぬ背高スタイルのクルマで、日本仕様は排気量1500ccのガソリンエンジンと2000ccのガソリンエンジン、ディーゼルエンジンの3タイプをそろえ、4輪駆動モデルも備える(海外仕様にはプラグインハイブリッドモデルもある)。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

アクティブツアラーは2014年、グランツアラーは2015年に登場。中でもBMW初のミニバンとして登場したグランツアラーは、7割がBMW以外からの買い替えという新規需要を呼び込み、これまでにグローバルで38万台を販売した。なんでものみ込む中国だけでなく、本国ドイツ、イギリスでも好調だという。

ドイツ、オーストリア国境で試乗

そしてもちろんミニバン大国の日本も「待ってました!」と大歓迎した。その2シリーズ アクティブツアラーとグランツアラーが一部改良(マイナーチェンジ)を施した。今回、発売3年目のマイチェンで進化したグランツアラーをドイツ、オーストリア国境のワインディングロードとアウトバーンでテストしたので、リポートをお届けしたい。

見た目の変更点はわずかだ(写真:BMW)

今回は販売不振によるテコ入れではないので見た目の変更点はわずかだ。説明を受けるまで気づかなかったキドニーグリルの大型化をはじめ、前後バンパーの形状が変化した。3分割されたフロントバンパーの開口部が一体化したデザインに。またテールパイプも大径化した。いずれも間違い探しのレベルだ。

スタート地点はミュンヘン郊外にあるBMWクラシック。「220i Mスポーツ」に乗り込み、往年のM1やマルニに見送られながら出発した。アウトバーンで直進安定性の高さを確認した後、ワインディングロードへ。

次ページグッドハンドリングを追求
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT