エスティマやキューブが全面改良しないワケ

長く作り続けなければならない車種の悲哀

エスティマ(写真:トヨタグローバルニュースルーム)とキューブ(写真:日産自動車ニュースルーム)

同じ名前の車種が内外装のデザインだけでなく、パワートレーンや先進機能、場合によってボディサイズなどまで大きく変わる。それが可能になるのは、フルモデルチェンジ(全面改良)だけだ。6月下旬に新型車の発表を控えている、トヨタ自動車の「クラウン」は今回で14回目(15代目)のフルモデルチェンジとなる。

人気車の全面改良が先延ばしにされる不思議

1965~1990年頃まで、排出ガス規制でメーカーの負担が増えた一時期を除くと、日本車の多くは4年に1度フルモデルチェンジを実施していた。この2年後にはマイナーチェンジ(一部改良)が行われ、再び2年を経過するとフルモデルチェンジを行った。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

この周期が1990年代の中盤から長くなり、2000年代にはさらに伸びた。最近は現行型の登場から、8年以上を経過した車種も多い。以前なら2回分に相当するフルモデルチェンジを省いている計算となる。

現行型の発売から7~8年以上を経過した主な車種は以下のようになる。カッコ内は発売年だ。

■ミニバン
・トヨタ自動車「エスティマ」(2006年)
・三菱自動車「デリカD:5」(2007年)
・日産自動車「エルグランド」(2010年)
■コンパクトカー
・日産「キューブ」(2008年)
・日産「マーチ」(2010年)
・トヨタ「ヴィッツ」(2010年)
■セダン
・トヨタ「プレミオ&アリオン」(2007年)
・トヨタ「マークX」(2009年)
・日産「フーガ」(2009年)
■SUV
・トヨタ「ランドクルーザー」(2007年)
・トヨタ「ランドクルーザープラド」(2009年)
・日産「ジューク」(2010年)
・三菱「RVR」(2010年)
■スポーツカー
・日産「GT-R」(2007年)
・日産「フェアレディZ」(2008年)
次ページミニバンは需要の先行きが不透明
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT