川栄李奈が「CM女王」以上の女王になる希望

普通の女の子のリアリティを吹き込んでいる

2018年3月に行われた楽天フリマアプリ新「ラクマ」CM発表会で出品するお手製のクラッチバッグを手に写真に納まる川栄李奈(写真:日刊スポーツ新聞社)

川栄李奈が「CMの女王」になりつつある。

サイト「ORICON NEWS」の「川栄李奈のCM出演情報」によれば、川栄李奈の今年に入ってからのCM出演は、アサヒ飲料、東京シティ競馬、エム・シーネットワークスジャパン(銀座カラー)、花王、第一三共ヘルスケア、KDDI、AOKIホールディングス、リクルートと、既に8社に及ぶ。これにオリックスや、NEXCO東日本、フリマアプリ『ラクマ』のキャンペーンなどが加わる。

この連載の一覧はこちら

ちなみに、昨年の『2017年TV‐CMタレントランキング』(エム・データ)における「TV-CM会社数ランキング」女性部門は、ローラと広瀬すずが14社で首位だった。

今年の川栄李奈は、この「CMの女王・トップ2」に肉薄する勢いである。

何が魅力となって、CMに引っ張りだこになっているのだろう。私はその「普通力」が、彼女の魅力の根源だと考えている。

フジテレビ系『めちゃ×2イケてるッ!』の「抜き打ちテスト」の企画で最下位となったイメージが強かったこともあり、当初私は川栄李奈のことを、正直低く見積もっていた。しかしそれから、いくつかのドラマをキッカケとして、女優としての彼女の評価を、ぐんぐんと上げることとなったのだ。

2015年8月にAKB48を卒業

最初のキッカケは、2014年10月‐12月期のTBS系日曜劇場『ごめんね青春!』。宮藤官九郎特有の、やたらと複雑でにぎやかな脚本の中で、「神保愛」というおてんばな女の子の役を見事に演じていた(声を荒げるシーンが良かった)。この翌年にAKBを脱退し、女優の道を本格的に進んでいく。

これからのエンタメ界を支えていくであろう優秀な才能として、川栄李奈をしっかりと認めたのは、今年5月6日にNHK地上波で全国放送された、NHK大阪制作『アオゾラカット』である。大阪西成区の理髪店を舞台としたドラマで、川栄李奈が演じた「仲井遙」は、その理髪店の店員。

次ページ川栄李奈が持つ能力
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。