アップル、アップストアで他社排除の新指針

パソコンゲーム配信業者の進出に対応

 6月4日、米アップルは、アプリ提供サービス「アップストア」に関する新たな指針を公表した。写真は都内で2014年6月撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

[4日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は4日、アプリ提供サービス「アップストア」に関する新たな指針を公表した。同社は、パソコンゲーム配信最大手による「iPhone(アイフォーン)」向けのサービス提供を阻止したばかりで、パソコンゲームに対応してルールを見直した可能性がある。

指針はアップストアで提供可能なアプリを決定する基準となる。アプリがアップストアに類似するインターフェースを含むことは許可しない方針を明確化。また、アイフォーン上にパソコンのスクリーンを複製するアプリの上では、パソコンのユーザーがまだ保有していないあるいは使用許可を与えていないソフトウエアをアプリ内でブラウズ、選択または購入する機能を認めない方針。

パソコンのスクリーンを複製する「リモート・ミラーリング」アプリについては、デスクトップ上で決済が行われる限り、アップルの管理外での購入が可能になるとしている。

アップルはアップストアを通じて提供するソフトの購入額の15─30%を徴収しており、新指針によってこの方針を堅持する姿勢が鮮明となった。米サンノゼ市内で世界開発者会議(WWDC)が開かれる中、同社は新指針をウェブサイトに掲載した。

米ゲーム会社バルブ・コーポレーションは前月、同社が計画していた無料の携帯電話アプリ「スチームリンク」の配信をアップルが拒否したと発表。ユーザーがパソコンから離れているときにも携帯電話でゲームを続けることが可能となるアプリだった。

バルブの子会社スチームとアップルから拒否の理由について説明はなかった。両社は4日、新指針がスチームに対応したものかどうかについてのコメント要請にも応じなかった。

新指針はアプリ内購入に関するルールを明確化する狙いがあるとみられる。ゲーマーはゲームアプリ内で仮想通貨などのデジタル購入について小額を課金されることがある。アップルはアプリ内購入についても、購入額の30%を徴収している。アナリストらは、アプリ内購入がサービス事業の主要な収入源の1つになっていると分析する。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
株主総会で賛成率が急落<br>機関投資家が物言う株主に

低支持率の役員167名を実名公開!低出席率、低ROEなどを理由に、機関投資家は役員選任議案に反対票を投じ始めた。「物言わぬ株主」といわれた機関投資家が変貌した理由は?