マイクロソフト、久しぶりの大型買収の狙い

「GitHub」を買収、買収価格は75億ドル

 6月4日、米マイクロソフトは、ソフト開発向けウェブサイトの「ギットハブ」を75億ドルで買収すると発表した。写真は3月撮影(2018年 ロイター/Dado Ruvic)

[4日 ロイター] - 米マイクロソフトは4日、ソフト開発向けウェブサイトの「ギットハブ」を75億ドルで買収すると発表した。株式交換を通じ実施する。クラウドコンピューティング事業を拡充し、ソフト開発者向けサービスでのプレゼンス拡大を狙う。

同買収の発表を受け、マイクロソフトの株価は約1%上昇し、過去最高値を更新した。

リンクトインを買収して以来、最大の案件

マイクロソフトにとって、今回の買収は2016年に総額260億ドルでビジネス向け交流サイト(SNS)大手リンクトインを買収して以来、最大の案件となる。

ギットハブは開発者向けのコーディングツールを提供し、世界で2800万人の利用者を持つ。

マイクロソフトのクラウドサービス「アジュール」の売上高は1─3月期に93%急拡大。ティグレス・ファイナンシャル・パートナーズのイバン・フェインセス最高投資責任者(CIO)は「ギットハブ買収によって、マイクロソフトはアジュールのプラットフォーム上でアプリ開発向けツールを提供することが可能となる」と指摘した。

ナデラ最高経営責任者(CEO)は「マイクロソフトは開発者第一主義の企業で、ギットハブと協力することで、開発者の自由、開放性、革新への関与を強化する」との声明を発表した。

今回の買収に絡み、2019、20年度の調整後1株利益は1%弱押し下げられる見通し。ただ、20年度は調整後営業利益の押し上げ効果を見込む。

買収は年末までに完了する見通し。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT