日大アメフト事件が人々の「義憤」を誘う必然

背景に反吐が出るほど醜悪な超マッチョ信仰

アメフトはコンタクトスポーツの中でも特に、動きが激しく、荒々しいこともあり、アメリカでは非常に人気の高いスポーツだ。ところが、近年は、その安全性を問う声も高まっており、若年層の競技人口の減少が危惧されている。

そのために、アマチュアプレイヤーやそのコーチの育成に力を入れており、推進団体である「USA Football」がコーチ向けに作ったハンドブックがある。その中で、いかにこのスポーツにおいて、コミュニケーションが大切であるかが説かれている。

「コミュニケーションは(一方通行ではなく)双方向であるべきだ」「具体的な言葉を選べ」など、日大の指導者たちが、意に会することは全くなかったであろう、選手とのコミュニケーションに関するアドバイスがずらりと並んでいる。

留意すべき「10のポイント」とは?

参考のために、このハンドブックで紹介されている、スポーツを指導するコーチ、教育者として留意すべき「10のポイント」に触れておこう。

1:指導者が「言うこと」「すること」はすべて、コミュニケーションととらえられることを理解しておかなければならない。

2:シチュエーションに応じて、どういったコミュニケーションが有効かを熟知しておく必要がある。

3:全てのコミュニケーションは、相手の解釈に委ねられる。意図したところとは違う形で捉えられることがあることを理解しておくべきだ。謙虚さはカギとなる。

4:自分なりの声を見つけ、真摯に、コミュニケーションをとろうと努力するべきである。

5:コミュニケーションスキルを高める努力は常に怠ってはならない。

6:自分のおかれた環境を読み取り、自分の伝えるべきメッセージがなんであるかを見極める。

7:何が言葉にされたかより、実際に何が伝わったかのほうが重要であることに気づかなければならない。

8:耳だけではなく、目と心で相手の話を聞くべきである。

9:本当に自分が思うところを本気で伝えよ。

10:コミュニケーションは、それが行われた時点で取り返しがつかないことを肝に銘じておくべきである。

この10カ条をことごとく無視した結果、日大アメフト部の今があると言ってもいいだろう。

大相撲、女子レスリング・・・。スポーツ界の深奥に隠されてきた不祥事の相次ぐ露呈は、「根性論」「精神論」に依拠する「コミュ力」なき組織運営が限界値に達していることを意味する。スポーツにおけるコミュニケーションのあり方を根本から考え直す時が来ているのではないだろうか。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT