モス「海老天ぷらバーガー」は"非常識"の塊だ

通常のハンバーガーとは全く異なる独自進化

モスバーガーは5月24日~7月中旬の期間、限定ライスバーガー2種を販売する(撮影:今井康一)

モスバーガーと言えば、注文してから作り始めるため、しばらく待つのが前提のバーガーチェーン。ファストフードであってファストでない、不思議な存在のモスバーガーだが、このたび期間限定の新商品を発売した。「モスライスバーガー海老の天ぷら」「モスライスバーガーよくばり天 海老とかきあげ」を、5月24日~7月中旬の期間、販売する。

実は、1987年、ライスバーガーを日本で初めて発売したのがモスバーガー。焼肉やきんぴら、海鮮かきあげなど、日本の食文化を生かしたライスバーガーは老若男女に好かれるだけでなく、最近は外国人にも人気が高まっている。

それだけに、わざわざ期間限定で発売する商品には非常に力が入っているようだ。価格も、「海老の天ぷら」が450円、「海老とかきあげ」が480円と、定番ライスバーガーより高め(モスライスバーガー海鮮かきあげ340円、モスライスバーガー焼肉390円)。期間内販売に約200万食を目標としている。

「天ぷらの食感」にこだわった

そんな、満を持して発売されるモスライスバーガーは、いったいどこが特別なのだろうか。モスフードサービスが5月16日に開催した試食会にて詳細を聞いてきた。

海老が2尾サンドされている「海老の天ぷら」450円(編集部撮影)

モチーフとなったのは、江戸時代に始まるファストフード「天丼」だという。「海老の天ぷら」には海老の天ぷらが2尾、「よくばり天」と冠した「海老とかきあげ」には、海老の天ぷらと海鮮かきあげが1つずつ挟んである。

こだわりの第一は、天ぷらの食感だ。元日本食の料理人という、モスフードサービスにおいても特異な経歴を持つ商品開発部の荒木光晴氏は、このたびのこだわりポイントについて次のように語った。

「通常の海老の天ぷらは筋を切って、まっすぐに伸ばしてから揚げます。その筋切りをせず、また背わたも一つひとつ串で取り除くなど、『海老に優しく』仕上げています」(モスフードサービス商品開発部の荒木光晴氏)

次ページ「花を咲かせるように」揚げるこだわり
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。