最新通信簿!47都道府県「幸福度」ランキング

「3回連続トップ」の栄冠に輝いたのは?

すると、愛知県(12位→7位)、埼玉県(21位→15位)が上昇しているのに対し、 神奈川県(7位→16位)、千葉県(11位→25位)が大幅にランクダウンしており、明 暗が分かれた。なお、大阪府は 42位→43位と、ほとんど変わっていない。

3〜5位に入った長野県、石川県、富山県は、前回もそれぞれ4位、5位、3位と同じ 位置を占めており、貫禄のある安定感を見せた。ただ、1冊目の 2012 年版と比較すると、ちょっとした違いが見えてくる。それは、「上昇」「キープ」「下降」に分かれるということだ。

まず「上昇」は石川県(9位→4位)。最初は近隣の福井県と富山県から離されていたものの、毎回順位を上げて追いついた。

次に「キープ」は富山県(4位→5位)。常に1位の「生活」を筆頭に全分野が安定しており、今後も大きく順位を下げることはなさそうである。そして「下降」は長野県(1位→3位)。とはいえ5位以下に落ちたことはなく、ポテンシャルを考えると復権が期待できる。1位、2位から6位、9位に後退した「健康」「生活」を軸に取り組む必要がある。

山梨県、山形県、茨城県、三重県が躍進

前回(2016年版)からジャンプアップしたのが、山梨県(14位→6位)、山形県(22位→10位)、茨城県(26位→11位)、三重県(23位→13位)である。

『全47都道府県幸福度ランキング2018年版』は5月25日発売(上の書影をクリックするとアマゾンにジャンプします)

ポイントは「健康」と「文化」で、「健康」は三重県、「文化」は山梨県と山形県、両方とも上昇したのが茨城県。また、山梨県は今回の追加指標5つのうち2つで1位を取っており、これも上昇の一因となった。

下位でも北海道(40位→33位)、宮城県(42位→36位)などが順位を上げており、 山形県とあわせ、北日本が健闘した形である。

下位の5府県は、順位の上下は若干あるものの、前回と変わらない結果となった。特に、最下位の高知県から45位の沖縄県は、1冊目の2012年版から今回まで4回連続で ワースト3となっている。分野だけでなく個別指標の強みや伸びに着目しながら、脱出の糸口を見出したいところである。

次ページランキングはこちら
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • コロナ後を生き抜く
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。