ソニーの新中計、目指すは「3年で2兆円創出」

営業キャッシュフローを最も重視

 5月22日、ソニーは、2021年3月期を最終期とする3カ年の中期経営計画を発表した。写真は新任の吉田憲一郎社長兼最高経営責任者(CEO)。都内で撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 22日 ロイター] - ソニー<6758.T>は22日、2021年3月期を最終期とする3カ年の中期経営計画を発表した。計画期間中は営業キャッシュフロー(CF)を最も重視、3年間で2兆円以上(金融除く)の営業CFの創出を目指す。前中計期間中は1兆4802億円だった。

会見した吉田憲一郎社長兼最高経営責任者(CEO)は「(前中計から)5000億円を超える改善を計画しており、これまでソニーが達成できなかった安定した高いレベルのキャッシュフローを実現したい」と意欲を示した。

半導体分野は利益倍増を目指す

創出したキャッシュは、1兆円をイメージセンサーを中心とした設備投資に充て、残る1兆円は戦略投資を最優先としつつ、財務体質の強化と株主還元にも配分する。

株主資本利益率(ROE)は10%以上水準の継続を目指す。

部門別の営業利益目標は、ゲーム&ネットワークサービスが1300─1700億円(今期予想1900億円)、音楽が1100─1300億円(同1120億円)、映画が580─680億円(同420億円)、ホームエンタテインメント&サウンドが750─1050億円(同860億円)、イメージング・プロダクツ&ソリューションが850─1050億円(同750億円)、モバイルコミュニケーションが200─300億円(同150億円の赤字)、半導体分野が1600─2000億円(同1000億円)。

ゲーム&ネットワークサービスは減益を見込んでいる一方、半導体分野は利益の倍増を目指す。

次ページ「事業を売却することは考えていない」
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。