中国空軍、南シナ海で爆撃機の離発着訓練

微博(ウェイボー)への投稿で明らかに

 5月18日、中国空軍は、南シナ海での戦闘などに備えるため、同海域の島などに爆撃機を離発着させる飛行訓練を行ったと発表した。写真は南シナ海で中国軍に開発された島。2015年5月撮影。米海軍提供(2018年 ロイター)

[上海 19日 ロイター] - 中国空軍は18日、南シナ海での戦闘などに備えるため、同海域の島などに爆撃機を離発着させる飛行訓練を行ったと発表した。微博(ウェイボー)への投稿で明らかにした。

空軍は、中国の全領土を網羅し、あらゆる方面への攻撃をいつでも遂行できる能力を高めるため、複数の爆撃機による訓練を最近行ったと説明。H-6K爆撃機のパイロットは海上の標的への攻撃訓練を行った後、南シナ海の空港で離発着訓練を行ったという。

訓練を行った正確な場所については明らかにしていない。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?