中国空軍、南シナ海で爆撃機の離発着訓練

微博(ウェイボー)への投稿で明らかに

 5月18日、中国空軍は、南シナ海での戦闘などに備えるため、同海域の島などに爆撃機を離発着させる飛行訓練を行ったと発表した。写真は南シナ海で中国軍に開発された島。2015年5月撮影。米海軍提供(2018年 ロイター)

[上海 19日 ロイター] - 中国空軍は18日、南シナ海での戦闘などに備えるため、同海域の島などに爆撃機を離発着させる飛行訓練を行ったと発表した。微博(ウェイボー)への投稿で明らかにした。

空軍は、中国の全領土を網羅し、あらゆる方面への攻撃をいつでも遂行できる能力を高めるため、複数の爆撃機による訓練を最近行ったと説明。H-6K爆撃機のパイロットは海上の標的への攻撃訓練を行った後、南シナ海の空港で離発着訓練を行ったという。

訓練を行った正確な場所については明らかにしていない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。