中国空軍、南シナ海で爆撃機の離発着訓練

微博(ウェイボー)への投稿で明らかに

 5月18日、中国空軍は、南シナ海での戦闘などに備えるため、同海域の島などに爆撃機を離発着させる飛行訓練を行ったと発表した。写真は南シナ海で中国軍に開発された島。2015年5月撮影。米海軍提供(2018年 ロイター)

[上海 19日 ロイター] - 中国空軍は18日、南シナ海での戦闘などに備えるため、同海域の島などに爆撃機を離発着させる飛行訓練を行ったと発表した。微博(ウェイボー)への投稿で明らかにした。

空軍は、中国の全領土を網羅し、あらゆる方面への攻撃をいつでも遂行できる能力を高めるため、複数の爆撃機による訓練を最近行ったと説明。H-6K爆撃機のパイロットは海上の標的への攻撃訓練を行った後、南シナ海の空港で離発着訓練を行ったという。

訓練を行った正確な場所については明らかにしていない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT