リトラクタブルヘッドライトが消滅したワケ

流麗なスタイリングを演出した機構の弱点

リトラクタブルヘッドライトの採用が印象的だったホンダ「プレリュード」(車両型式はBA4/5/7)は若者の憧れだった(写真:HondaMediaWebsite)

リトラクタブルヘッドライトを知っていますか?

ホンダ「プレリュード」、マツダ「RX-7」、日産自動車「180SX」、トヨタ自動車「スプリンタートレノ」「MR-2」、――。1980~1990年代の日本のスポーツカーに採用されていたのが、リトラクタブルヘッドライトだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

非点灯時はライトが車体内側に隠れ、点灯時にはライト部分が持ち上がったり、回転したりして表に現れて、前方を照らす。

世界で初めてこの方式を採用したクルマは、1930年代に米国で生まれている。その後、1960~1980年代にかけてリトラクタブルヘッドライトを採用するクルマが、スポーツカーを中心に世界的に流行(はや)った。フェラーリやランボルギーニといったスーパーカーにも採用されており、流麗なスタイリングを演出する機構の1つだった。

バブル期のデートカーとして有名だったのはホンダ「プレリュード」(車両型式はBA4/5/7)。2ドアクーペモデルながら1988年に約5万8000台を売るヒット車種だった。リトラクタブルヘッドライトが織りなした流麗なスタイリングは、当時の若者が憧れた要素の1つにあっただろう。

ところが、いつの間にかリトラクタブルヘッドライトの車は見られなくなってしまっている。

ヘッドライトには、日本の保安基準において、「高さが1.2m以下で、低さは50cm以上、また車体の外側から40cm以内に設置されていなければならない」との規定がある。テールランプを含め、夜間の走行に不可欠なランプ類には、そのような基準が世界各国に存在する。ライトというと、照明によって見やすくする機能ばかり思いつきがちだが、自分がそこに存在することを他人に知らせる被視認性においても重要な部品であるからだ。

次ページスポーツカーにおいては…
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。