リトラクタブルヘッドライトが消滅したワケ

流麗なスタイリングを演出した機構の弱点

道路交通の法規において、北欧やカナダなど高緯度の国々では日中もヘッドライトを点灯しなければならないところがある。高緯度の地域では、日照が少なく暗いということもあるが、自車の存在を相手に知らせる被視認性を高めることで、事故を予防する安全にもつながる。

安全面ではさらに、万一歩行者などとの接触があった際、リトラクタブルヘッドライトの出っ張りが負傷の度合いを高めてしまいかねない懸念も出る。

そうした社会のいろいろな要求からも、リトラクタブルヘッドライトであることの意味が薄れる傾向になった。

被視認性の点では、デイタイムランニングライトが2011年ごろから登場した。これは、前方を照らすヘッドライトとは別に、イグニッションを入れると必ず点灯し、自車の存在を相手に知らせるのが目的のライトだ。それを逆手にとって、デイタイムランニングライトの配置の仕方を工夫することにより、どの自動車メーカーであるかというブランドを遠めにも知らせる意図が加わるようになった。

このデイタイムランニングライトのデザイン1つをとっても、機能的にしか利用していないメーカーもあれば、見栄えを強く意識したメーカーもある。ブランド力の強化を積極的に進める自動車メーカーは、デイタイムランニングライトのデザインに力を注いでいる。

ライト自体の機能の多様化も進んでいる

デイタイムランニングライトに加え、ライト自体の機能の多様化も進んでいる。

たとえば、交差点の角を曲がる際にヘッドライトだけでは盲点となる暗い部分へ照明をあてるコーナリングライトという機能がある。それをさらに拡張して、ハンドル操作に合わせてヘッドライトの照射向きを変えるアクティブ・フロントライティング・システムもある。これらの機能をヘッドライトに追加すると装置そのものが大きくなる。

あるいは、ハイビームアシストといって、より遠くを明るくするハイビームを常用しながら、前を走るクルマや対向車への眩しさを抑えるため、その部分のみ配光せず暗くする技術が普及しはじめている。

ランプとしての省電力化を含め、これら機能にはLEDランプが使われることが多く、LED自体は明かりに熱を帯びなくても、素子が発熱するので冷却用のヒートシンクをランプ内に設ける必要があり、装置が大きくなったり重くなったりする。

それらの付加価値を備えたヘッドライトをリトラクタブルタイプにするのは大変だ。こうしたライト技術の変化や、求められる機能の多様化などにより、リトラクタブルヘッドライトの需要はなくなってしまったのである。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT