豪登山家が7大陸最高峰制覇、最短記録を更新

世界7大陸の最高峰を117日間で制覇

オーストラリアの登山家スティーブ・プレインさん(36)が14日、エベレストに登頂し、世界7大陸の最高峰を117日間で制覇、最短記録を更新した。写真は2015年11月撮影。夕日が輝くエベレスト(中央)のようす(2018年 ロイター/Navesh Chitrakar)

[カトマンズ 14日 ロイター] - オーストラリアの登山家スティーブ・プレインさん(36)が14日、エベレストに登頂し、世界7大陸の最高峰を117日間で制覇、最短記録を更新した。

プレインさんは、南コルの最終キャンプ(標高8000メートル)から7時間以上登り、14日午前に世界最高峰の8850メートルの山頂に到達した。

プレインさんを支援するヒマラヤン・ガイド社の関係者は「(プレインさんは)世界7大陸の最高峰を117日で制覇する最短記録を樹立した」と明らかにした。

これまでの最短記録は、ポーランド人登山家ヤヌシュ・コハンスキさんの126日。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。