豪登山家が7大陸最高峰制覇、最短記録を更新

世界7大陸の最高峰を117日間で制覇

オーストラリアの登山家スティーブ・プレインさん(36)が14日、エベレストに登頂し、世界7大陸の最高峰を117日間で制覇、最短記録を更新した。写真は2015年11月撮影。夕日が輝くエベレスト(中央)のようす(2018年 ロイター/Navesh Chitrakar)

[カトマンズ 14日 ロイター] - オーストラリアの登山家スティーブ・プレインさん(36)が14日、エベレストに登頂し、世界7大陸の最高峰を117日間で制覇、最短記録を更新した。

プレインさんは、南コルの最終キャンプ(標高8000メートル)から7時間以上登り、14日午前に世界最高峰の8850メートルの山頂に到達した。

プレインさんを支援するヒマラヤン・ガイド社の関係者は「(プレインさんは)世界7大陸の最高峰を117日で制覇する最短記録を樹立した」と明らかにした。

これまでの最短記録は、ポーランド人登山家ヤヌシュ・コハンスキさんの126日。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT