欧州の超高級車が「SUV」に続々参入する事情

あのロールス・ロイスやランボルギーニまで

今年の北京モーターショーで披露された「ヴィジョン・メルセデスマイバッハ・アルティメイト・ラグジュアリー」(筆者撮影)

ランボルギーニ、マイバッハ、ロールス・ロイス――。今年に入って、欧州の超プレミアムブランドによるSUV(スポーツ多目的車)への参入が相次いでいる。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

春先にランボルギーニが「ウルス」を発売。4月末の通称、北京モーターショー(オートチャイナ2018)では、ダイムラーの最上位ブランドであるマイバッハからSUVコンセプトモデルが登場。そして5月10日、ついにロールス・ロイス初のSUV「カリナン」が世界初披露された。タイミングは少し前になるが、あのベントレーも「ベンテイガ」と呼ぶSUVを2016年から販売している。

欧州プレミアム系SUVといえば、1970年代以降は英国ランドローバーのお家芸とされてきたが、なぜこのタイミングで各社がSUV戦略を強化しているのか? その理由について、世界各地を定常的に巡る日々の中で考えてみた。

最も大きな理由は、中国市場の成熟とSUVシフト

「ここまでやるのか?」

4月25日、オートチャイナ2018の報道陣向け公開日。ダイムラーの展示ブースで、「ヴィジョン・メルセデス・マイバッハ・アルティメット・ラグジュアリー」の独特なデザインのインテリアを見て、唖然としてしまった。中国の富裕層に対する直球勝負のような演出だからだ。

5メートルを超える全長(5160mm)と2メートル以上の横幅(2110mm)、それに全高1764mmという、かなり大きく押し出しの強いボディサイズを持ち、フロントマスクは「いかつい」の一言。サプライズで公開され、来場者の関心を集めていた。

「中国人にとって車は見栄そのものである」。この言葉をこれまでに、中国地場、日系、米系、韓国系、そして欧州系の自動車メーカー各社のカーデザイナーから何度も聞いた。ダイムラーはそうした中国の常識を貫いたといえる。

次ページ国別の自動車販売台数は…
関連記事
トピックボードAD
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。