日経平均株価は2万3000円を突破できるか

市場の「4つの警戒材料」は消えたのか?

日本株は大型株を中心に戻り歩調。14日以降も勢いは続くだろうか(sharman1121 / PIXTA)

日本株は、連休の谷間の5月1日(火)~2日(水)もさることながら、連休が明けても、10日(木)までは動意が薄かった。日経平均株価はボックス圏内での動きに終始した。

10日までは市場に警戒感が残っていた?

大きな悪材料が表れたわけではないので、日本株の下値が堅かったことはうなずけるが、上値も重かった背景としては、次に挙げるような「4つの警戒材料」が、市場に強かったものと推察される。

1)国内では、連休明けに再度企業決算の発表が増え、その内容(前期実績及び今期の会社側予想)を見極めよう、との投資態度が広がった。

2)5月3日(木)~4日(金)に、スティーブン・ムニューシン財務長官、ロバート・ライトハイザーUSTR代表、ウィルバー・ロス商務長官などの米高官が中国を訪問し、米中通商問題について協議された。その会合前は、会合の結果を見たいとの空気があり、会合後はさしたる進展がなかったとの観測が優位になった。

3)5月8日(火)に、ドナルド・トランプ米大統領がイランとの核合意を離脱すると表明した。

4)アップルの「iPhoneX」の販売不振観測が囁かれるなか、5月1日(火)の同社の1~3月期の決算発表を待ちたい、という投資家が多かった。実際の決算発表時に同社が公表した4~6月期の売上高見通しは、515億~535億ドルの内容。これはアナリストの事前予想平均の515億ドルを若干上回り、半導体関連銘柄にいったん買い戻しが広がった。ところが次は、ビットコインの「発掘」熱が冷め、発掘につかうコンピューター需要が落ち込んで半導体市況に悪影響が生じる、との見解が浮上している。

次ページ日本企業の今期業績の伸びが鈍いのは予想されていた
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。