中国の滴滴出行、「乗客殺害事件」で謝罪

ネットには安全を懸念する声

 5月10日、中国の配車サービス会社、滴滴出行(ディディ・チューシン)は、同社ドライバーが乗客を殺害したとみられる事件について謝罪し、利用者の信頼回復に努めると表明。写真は滴滴出行のロゴ。2016年5月に北京本社で撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[北京/上海 10日 ロイター] - 中国の配車サービス最大手、滴滴出行は10日、同社のドライバーが乗客を殺害したとみられる事件について謝罪し、利用者の信頼回復に努めると表明した。事件を受け、同国のソーシャルメディアには、安全性を懸念する多くの声が寄せられている。

企業イメージに大きな痛手

事件が起きたのは先週の鄭州市で、同社サービスを使って空港から市内中心部に向かっていた女性客室乗務員が被害にあった。滴滴出行によると、警察当局は殺人容疑でドライバーの男の行方を追っており、同社も協力するとともに情報提供者に最大100万元(15万7629ドル)を支払うと申し出ている。

同社は、今回の事件に関して「深い悲しみを感じ、申し訳なく思っている」と哀悼の意を明らかにした上で、遺族に謝罪したことを明らかにした。さらにロイター宛ての声明で「われわれには利用者の信頼を勝ち取るための取り組みが必要だ。この事件における当社の責任は否定しようがない」と述べた。

同社はアップル<AAPL.O>やソフトバンクグループ<9984.T>などの有力企業の支援を受けており、中国市場を制した勢いで海外でも米ウーバー・テクノロジーズなどに挑もうとしているだけに、こうした事件は企業イメージに痛手となる。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
海外不振が続くサンリオ<br>復活担う創業家の御曹司

90歳の創業社長から60歳以上若い孫への世代交代が近づく。若き御曹司は、業績不振のサンリオを立て直せるのか。ハローキティなどキャラクターのブランド力向上を目指す。