三菱自、19年3月期営業利益は1100億円計画 

前年度比12%増はアナリスト予想とほぼ一致

 5月9日、三菱自動車は、2019年3月期の連結営業利益が前年比12.0%増の1100億円になる見込みだと発表した。写真は都内の三菱自動車本社で昨年5月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 9日 ロイター] - 三菱自動車<7211.T>は9日、2019年3月期の連結営業利益が前年比12.0%増の1100億円になる見込みだと発表した。トムソン・ロイターが集計したアナリスト16人の予測平均値は1115億円で、会社予想はこれとほぼ同水準。

19年3月期の売上高は前年比9.5%増の2兆4000億円、当期利益は同2.2%増の1100億円を見込む。

業績予想の前提となる想定為替レートは1ドル105円、1ユーロ130円。

18年3月期の売上高は前年比15.0%増の2兆1923億円、営業利益は同19.2倍の982億円だった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT