三菱自、19年3月期営業利益は1100億円計画 

前年度比12%増はアナリスト予想とほぼ一致

 5月9日、三菱自動車は、2019年3月期の連結営業利益が前年比12.0%増の1100億円になる見込みだと発表した。写真は都内の三菱自動車本社で昨年5月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 9日 ロイター] - 三菱自動車<7211.T>は9日、2019年3月期の連結営業利益が前年比12.0%増の1100億円になる見込みだと発表した。トムソン・ロイターが集計したアナリスト16人の予測平均値は1115億円で、会社予想はこれとほぼ同水準。

19年3月期の売上高は前年比9.5%増の2兆4000億円、当期利益は同2.2%増の1100億円を見込む。

業績予想の前提となる想定為替レートは1ドル105円、1ユーロ130円。

18年3月期の売上高は前年比15.0%増の2兆1923億円、営業利益は同19.2倍の982億円だった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。