大川小裁判2審、再び勝訴した遺族側の本音

石巻市と宮城県へ14億円余りの賠償命令

今回の判決で裁判所は「地震の発生前の段階で学校に津波が到達することを予測できた。学校は危機管理マニュアルに避難場所や避難経路などを定める義務があったのに怠った」と指摘し、1審では認められなかった学校側の事前の防災対策の不備を2審で認め、石巻市と宮城県に対し14億3000万円余りの賠償を命じました。

何をなすべきか明確になった

判決後、佐藤和隆さんは「正直ホッとしました。私たちの主張がほぼほぼ認められたからです。学校側は具体的にどのような危機管理をするべきなのか、全国の防災指針に役立つ判決だと思っています。何をなすべきか明確になったと思います」と語りました。

「正直ホッとしました」と語る佐藤和隆さん(写真中央)(写真:GARDEN Journalism)

その一方で、石巻市や宮城県は今回の判決は不服として最高裁に上告する構えだという声も聞こえてきます。佐藤さんは「学校管理下での事故だったのに、学校は子どもの命を守る責任はありませんと主張しているようにも感じられて憤っています」。

まだご遺族を痛めるのでしょうか。裁判をするよりも次の災害に備えるための対策に力を注いでほしいのにと強く感じます。今後もGARDENでは取材を続けます。

次の災害に備えるための対策に力を注いでほしい(写真:GARDEN Journalism)
GARDEN Journalismの関連記事
【言語難民】日本語がしゃべれず、ひとりぼっちの子ども達を助けたい​
大川小訴訟 「なぜ我が子が死ななくてはいけなかったのか」 その一点を求めて
隠蔽や改ざんに立ち向かう親たち 「本当のことを知りたい」 終わらない震災の記憶
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。