ファミマが「150円のパンツ」を発売したワケ

GWはいつもとは違う「イレギュラーな期間」

セブン‐イレブンは、4月28日(土)~5月2日(水)までのGW前半は「税込160円未満のおにぎり・寿司の税込100円セール」を実施し、行楽客の取り込みをメインとしながらも、普段はコンビニの中食を食べない新規顧客の取り込みを行っている。

セブン-イレブンは店頭幕の販促で『つるっと、もっちり!新うどん』を打ち出している(筆者撮影)

また、同時に、店頭幕の販促で『つるっと、もっちり!新うどん』を打ち出し、中食のリニューアル自信作で中食戦争での勝ち残りを手堅く狙っている。

ファミリーマートでは店頭幕で差別化商材であるフラッペを、タレントのみちょぱを使って、『2018年、宇宙の味。夢の国の、ふしぎ味。』と打ち出した。これは新規性のある商材で他チェーンとの差別化を図るという誘客戦略だ。

「従業員不足で品切れ」をしないように経営指導

年間最大の行楽シーズンでもあるGWは、観光立地の店舗では車での利用も多く、カウンターFFやおにぎり、サンドイッチなどのワンハンド商品の需要が高まる。

この時期はレギュラー時と比べてアルバイトの確保が難しい時期でもあり、 カウンターFFはお客さまのニーズは高いのに従業員不足で仕込みが間に合わずに品切れという店も残念ながら散見される。実は、このあたりがチェーン全体のイメージにつながるため、本部としてはフランチャイジーの経営指導の腕の見せどころとなっている。

次ページGWは緊急目的購買が最も高まる時期でもある
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。