ディズニーがツイッター向け番組を作る狙い

動画配信による広告収入の拡大を目指す

 4月30日、米娯楽大手ウォルト・ディズニーは、米ツイッター向けにスポーツの実況中継やニュース、娯楽関連のコンテンツを製作すると発表した。(2018年 ロイター/Thomas White)

[30日 ロイター] - 米娯楽大手ウォルト・ディズニー<DIS.N>は、米ツイッター<TWTR.N>向けにスポーツの実況中継やニュース、娯楽関連のコンテンツを製作する。

オンライン視聴者を増やし動画配信による広告収入の拡大を狙う。

ツイッターの30日の発表によると、NBCやMSNBCなどコムキャスト<CMCSA.O>のネットワーク、バイアコム<VIAB.O>のコメディ・セントラルやMTVなどもツイッター向けコンテンツを製作している。

ディズニー傘下のスポーツ専門チャンネルESPNは、看板番組「スポーツセンター」にニュースや分析なども交えたツイッター版コンテンツを製作する。ツイッターはまた、ESPNの「ファンタジー・フォーカス・ライブ」のライブストリーミングも行う。

今回の提携により、ツイッターは動画配信のコンテンツを拡充させることができる。テレビ番組の視聴率が低下するなか、ディズニーとってはオンラインの視聴者獲得につながる。

発表を受けてツイッターの株価は4.5%上昇した。ディズニーの株価は、新作ヒーロー映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」が公開週の興行収入記録を塗り替えたことから、1.1%上昇していた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。