ディズニーがツイッター向け番組を作る狙い

動画配信による広告収入の拡大を目指す

 4月30日、米娯楽大手ウォルト・ディズニーは、米ツイッター向けにスポーツの実況中継やニュース、娯楽関連のコンテンツを製作すると発表した。(2018年 ロイター/Thomas White)

[30日 ロイター] - 米娯楽大手ウォルト・ディズニー<DIS.N>は、米ツイッター<TWTR.N>向けにスポーツの実況中継やニュース、娯楽関連のコンテンツを製作する。

オンライン視聴者を増やし動画配信による広告収入の拡大を狙う。

ツイッターの30日の発表によると、NBCやMSNBCなどコムキャスト<CMCSA.O>のネットワーク、バイアコム<VIAB.O>のコメディ・セントラルやMTVなどもツイッター向けコンテンツを製作している。

ディズニー傘下のスポーツ専門チャンネルESPNは、看板番組「スポーツセンター」にニュースや分析なども交えたツイッター版コンテンツを製作する。ツイッターはまた、ESPNの「ファンタジー・フォーカス・ライブ」のライブストリーミングも行う。

今回の提携により、ツイッターは動画配信のコンテンツを拡充させることができる。テレビ番組の視聴率が低下するなか、ディズニーとってはオンラインの視聴者獲得につながる。

発表を受けてツイッターの株価は4.5%上昇した。ディズニーの株価は、新作ヒーロー映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」が公開週の興行収入記録を塗り替えたことから、1.1%上昇していた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT