ディズニーがツイッター向け番組を作る狙い

動画配信による広告収入の拡大を目指す

 4月30日、米娯楽大手ウォルト・ディズニーは、米ツイッター向けにスポーツの実況中継やニュース、娯楽関連のコンテンツを製作すると発表した。(2018年 ロイター/Thomas White)

[30日 ロイター] - 米娯楽大手ウォルト・ディズニー<DIS.N>は、米ツイッター<TWTR.N>向けにスポーツの実況中継やニュース、娯楽関連のコンテンツを製作する。

オンライン視聴者を増やし動画配信による広告収入の拡大を狙う。

ツイッターの30日の発表によると、NBCやMSNBCなどコムキャスト<CMCSA.O>のネットワーク、バイアコム<VIAB.O>のコメディ・セントラルやMTVなどもツイッター向けコンテンツを製作している。

ディズニー傘下のスポーツ専門チャンネルESPNは、看板番組「スポーツセンター」にニュースや分析なども交えたツイッター版コンテンツを製作する。ツイッターはまた、ESPNの「ファンタジー・フォーカス・ライブ」のライブストリーミングも行う。

今回の提携により、ツイッターは動画配信のコンテンツを拡充させることができる。テレビ番組の視聴率が低下するなか、ディズニーとってはオンラインの視聴者獲得につながる。

発表を受けてツイッターの株価は4.5%上昇した。ディズニーの株価は、新作ヒーロー映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」が公開週の興行収入記録を塗り替えたことから、1.1%上昇していた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。