IOC副会長、お台場の水質に改めて懸念を表明

お台場海浜公園周辺の水質は大丈夫なのか

 4月24日、国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ副会長(写真右)は、2020年東京五輪の一部会場の水質に懸念が残るとし、改善するよう求めた。(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 24日 ロイター] - 国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ副会長は24日、2020年東京五輪の一部会場の水質に懸念が残るとし、改善するよう求めた。

東京五輪の大会組織委員会は昨年10月、マラソンスイミングとトライアスロンの会場となるお台場海浜公園周辺の水質について、許容水準の最大20倍の大腸菌群などが検出されたと明らかにしていた。

コーツ副会長は「トライアスロンについては引き続き水質に問題があるが、今年と来年にもっと詳しい水質調査や、水中に幕を設置する実験を行うとの報告を受けている」と述べた。

さらに、セーリングでは地元漁業者への影響が心配され、柔道でも準備に問題が出ているとした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT