IOC副会長、お台場の水質に改めて懸念を表明

お台場海浜公園周辺の水質は大丈夫なのか

 4月24日、国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ副会長(写真右)は、2020年東京五輪の一部会場の水質に懸念が残るとし、改善するよう求めた。(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 24日 ロイター] - 国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ副会長は24日、2020年東京五輪の一部会場の水質に懸念が残るとし、改善するよう求めた。

東京五輪の大会組織委員会は昨年10月、マラソンスイミングとトライアスロンの会場となるお台場海浜公園周辺の水質について、許容水準の最大20倍の大腸菌群などが検出されたと明らかにしていた。

コーツ副会長は「トライアスロンについては引き続き水質に問題があるが、今年と来年にもっと詳しい水質調査や、水中に幕を設置する実験を行うとの報告を受けている」と述べた。

さらに、セーリングでは地元漁業者への影響が心配され、柔道でも準備に問題が出ているとした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。