IOC副会長、お台場の水質に改めて懸念を表明

お台場海浜公園周辺の水質は大丈夫なのか

 4月24日、国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ副会長(写真右)は、2020年東京五輪の一部会場の水質に懸念が残るとし、改善するよう求めた。(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 24日 ロイター] - 国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ副会長は24日、2020年東京五輪の一部会場の水質に懸念が残るとし、改善するよう求めた。

東京五輪の大会組織委員会は昨年10月、マラソンスイミングとトライアスロンの会場となるお台場海浜公園周辺の水質について、許容水準の最大20倍の大腸菌群などが検出されたと明らかにしていた。

コーツ副会長は「トライアスロンについては引き続き水質に問題があるが、今年と来年にもっと詳しい水質調査や、水中に幕を設置する実験を行うとの報告を受けている」と述べた。

さらに、セーリングでは地元漁業者への影響が心配され、柔道でも準備に問題が出ているとした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。