IOC副会長、お台場の水質に改めて懸念を表明

お台場海浜公園周辺の水質は大丈夫なのか

 4月24日、国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ副会長(写真右)は、2020年東京五輪の一部会場の水質に懸念が残るとし、改善するよう求めた。(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 24日 ロイター] - 国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ副会長は24日、2020年東京五輪の一部会場の水質に懸念が残るとし、改善するよう求めた。

東京五輪の大会組織委員会は昨年10月、マラソンスイミングとトライアスロンの会場となるお台場海浜公園周辺の水質について、許容水準の最大20倍の大腸菌群などが検出されたと明らかにしていた。

コーツ副会長は「トライアスロンについては引き続き水質に問題があるが、今年と来年にもっと詳しい水質調査や、水中に幕を設置する実験を行うとの報告を受けている」と述べた。

さらに、セーリングでは地元漁業者への影響が心配され、柔道でも準備に問題が出ているとした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。