武田薬品、シャイアー買収で暫定合意へ

日本時間26日午前1時まで買収意向表明必要

 4月24日、複数の関係筋が明らかにしたところによると、武田薬品工業とアイルランドの製薬大手シャイアーは早ければ25日にも武田によるシャイアー買収での暫定合意を発表する見通し。写真はシャイアー製のビタミン剤。2014年7月撮影(2018年 ロイターSuzanne Plunkett/File Photo)

[ロンドン/ニューヨーク 24日 ロイター] - 複数の関係筋によると、武田薬品工業<4502.T>とアイルランドの製薬大手シャイアー<SHP.L>は早ければ25日にも、武田によるシャイアー買収での暫定合意を発表する見通し。武田は20日、シャイアーへの買収提示額を620億ドルに引き上げていた。

武田は3月28日にシャイアー買収計画を明らかにして以来、24日を含め5度の買収提案をシャイアーに行った。

英規制当局の規定により、武田はシャイアーに対し25日午後5時(日本時間26日午前1時)までに正式な買収意向を表明する必要がある。

関係筋が匿名を条件に語ったところでは、シャイアーはこの期限の延長に同意する見通しで、これにより、武田はさらなる資産評価(デュー・デリジェンス)を重ね、買収提案を補強することが可能になるという。

武田とシャイアーはコメントの求めに応じていない。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT