LINE出澤社長「次の成長エンジンはこれだ」

スマホ決済100万店構想の先に目指すこと

2018年中にスマホ決済、100万店構想をブチ上げたLINE、勝算はあるのか?(撮影:尾形文繁)
国内でほかのメッセンジャーアプリを寄せつけない地位を確立したLINE。同社は最近、アプリのタブに「ウォレット」を加えた。この中には"お財布”機能として、スマートフォン決済サービスの「LINEペイ」やユーザー間送金サービスなどがまとめられている。狙いはどこにあるのか、同社の出澤剛社長に聞いた。

「M&Aを加速させる」

――最近、さまざまな新サービスを投入しています。

柱の広告事業が引き続き好調なのに加え、ここ1年ほどはネット通販(EC)の「LINEショッピング」、出前の「LINEデリマ」など、大型の新サービスをいくつか投入している。中でも大きいのがAI(人工知能)関連だ。音声アシスタントの「クローバ」を搭載した独自のスピーカー端末を世に出すことができた。

2017年の後半からは、投資サービスを開発する「フォリオ」、動画広告プラットフォームを運営する「ファイブ」、シェア自転車事業を手掛ける「モバイク・ジャパン」など、M&A(企業の合併・買収)や出資も積極化させている。若くて勢いのある会社とチームを築けるのは非常にうれしいことだ。

――M&Aや出資の相手選びは、どのような基準で行っていますか?

出澤剛(いでざわ たけし)/1973年生まれ。1996年早稲田大学卒業後、朝日生命保険に入社。2002年にオン・ザ・エッヂ(現ライブドア)入社。2012年にLINEのウェブサービス本部長を経て、2015年4月より社長兼CEO(撮影:梅谷秀司)

1つはファイブのように、LINEのコアである広告事業の強化につながるものであること。もう1つは会社として戦略的に大きく張っていく分野であるということで、フィンテック領域のフォリオがそうだ。

2016年の上場前に比べると、成長のために使える手段やおカネは増えた。M&Aも非常に有効なツール。これを活用しながら全体の成長を加速させていきたい。

次ページ2018年は100万店にLINEペイを導入する
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
官僚の掟<br>忖度エリートのカネと出世

不人気、不遇、不祥事で没落するエリートたちの悲哀。次々に発覚する官僚たちの過ち。採用応募者は年々減少し、東大生の官僚離れが顕著に。それでも官僚はおいしい仕事なのか?