LINE出澤社長「次の成長エンジンはこれだ」

スマホ決済100万店構想の先に目指すこと

――スマホ上のコミュニケーションで完結していたLINEが、リアルの場も含め日常生活で必須のツールになっていくということでしょうか。

すでに日本人の多くがスマホを肌身離さず持っているし、その多くにはLINE(のアプリ)が入っている。小売りなどのパートナー企業からは、「LINEは店舗施策にとても使いやすい」と言われている。オンライン、オフラインの垣根を越えるのがこれからの本流だ。

その点において、LINEには圧倒的な先行の利がある。これからシェア自転車をはじめいろいろなシェアリングサービスが出てくる中でも、実際の"現場”との接点としてますます役に立てるだろう。

ソフトバンクとはシナジーを発揮できる

――他社から回線を借りて営むMVNO(仮想移動体通信事業者)の「LINEモバイル」は3月にソフトバンクグループ傘下に入りました。今後LINEとしては、LINEモバイルの経営やサービス作りにどうかかわりますか。

基本、ソフトバンクはわれわれが築いてきたLINEモバイルのコンセプトに共感してくれており、それを加速させるためのサポートをしてくれるという立ち位置だ。具体的な内容はまだ明かせないが、店舗網の活用や端末のラインナップ拡充など、さまざまなシナジーを発揮できると考えている。

――現行のLINEモバイルのサービスには課題も多かったのでしょうか。

外部の調査を含め、市場シェアなどの各種指標から、利用者に満足して使っていただいていることは見て取れる。ただ、競争環境が刻々と変容している中で、この先さらに伸ばすにはどうすればいいかを考えた結果の判断だ。今回の資本提携で、より成長に対する投資もできるようになるし、勝負をかけられる状態になった。

――LINE単独では、勝負をかける投資に踏み切るのは難しかった?

特にこの領域は、時間との戦い。今順調に伸びているから「それでいいよね」、ということではなく、この伸びをさらに加速させていくにはどうすべきかを考えなければならない。これはMVNOに限ったことではなく、外部と提携することで利用者向けのマーケティングを強化できるケースはたくさんある。組織の形にこだわらず、つねにベストな選択肢を模索していく。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT