藤井聡太が将棋界にもたらした「史上空前」

コンピュータが名人に勝つ時代に起きたこと

強い将棋ソフトを作るのもまた、人間である。その競技会では、史上最強と言われるソフトの開発者とともに、そのソフトになお挑もうとする開発者たちの姿が、改めてクローズアップされた。

一方で新たな時代を迎えた将棋界に、正統な王者の系譜に連なると目される若者が登場した。それが藤井聡太である。史上最年少の14歳2カ月で四段となり、デビュー以来無敗で29連勝という史上最高記録を達成。2018年2月には、順位戦昇級で五段、朝日杯優勝で六段と、立て続けに昇段。藤井が将棋史上空前の天才である可能性は高い。

藤井の登場は、重く暗い空気が立ち込めていた将棋界の状況を一変させた。テレビのワイドショーでは、連日のように将棋の話題が取り上げられ、将棋会館近くの棋士御用達の飲食店が、大入り満員となる。藤井ブーム以前には、考えられなかった事態である。

藤井の台頭は同時に、これまでのレジェンドたちの偉大さを再認識させることになった。その代表的な人物が、「神武以来の天才」の加藤一二三であり、また、「永世七冠」を達成して国民栄誉賞受賞も果たした、現代の第一人者である羽生善治だ。

コンピュータはすでに人間を凌駕している

コンピュータは、名人よりも、はるかに強い。

以上が現代将棋界の大前提である。コンピュータはすでに人間のトップを凌駕し、しかも比較にならぬほどの実力を獲得した。それを人間がどう解釈し、どのように語ろうとも、根底の事実は変わらない。

その前提の下、2017年度の将棋界は、冒頭から、史上空前の対局から始まろうとしていた。それが、人間とコンピュータが1対1で最後の真剣勝負を行う電王戦二番勝負である。

将棋の対局は、盤を挟んで向かい合う、2人の対局者がいなければ成立しない。

電王戦の舞台に立つ1人は、トーナメントを勝ち抜いた当代最強の人間だった。その称号を「叡王」という。そして2017年の叡王は「名人」の称号も併せ持っていた。将棋界にあって名人とは、同時代に1人だけが名乗ることを許された、格別の意味を持つ尊称である。

現在、名人を名乗る棋士の名は、佐藤天彦という。

2016年。28歳だった佐藤は、棋界トップリーグのA級を勝ち抜いて、羽生善治名人への挑戦権を獲得。七番勝負では、羽生を4勝1敗で降して将棋界最高の栄誉を獲得した。名実ともに、現代最強の人間である。

佐藤が電王戦に登場するのは、名人だからではない。「叡王戦」という名のトーナメントを勝ち抜いたからだ。「叡王」として、電王戦の舞台に立つ佐藤が名人だったことは、重大な意味をはらんでいた。

次ページ佐藤天彦と対峙したのは…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT