「相撲は国技」の看板を信じてはいけない理由

もめ事こそ、相撲界の「伝統行事」である

なぜ、相撲は日本の国技とされたのだろうか(写真:denkei / PIXTA)

暴行事件や賭博事件など数年前から、大相撲の世界でさまざまな不祥事が世間を騒がせている。つい先日も、土俵上は女人禁制という「伝統」をめぐって複数の事件がおきた。

それぞれの問題については、各個人の考えがあるだろう。だが批判派も擁護派も、多くの方が「日本の国技なのに……」「国技だから……」という発言をする。

いや、ちょっと待ってほしい。そもそも相撲は日本の国技なのか? まず断っておくが、日本には法令で「国技」と定められた競技はない。なのになぜ、相撲は日本の国技とされ、みんながそれを受け入れているのか?

いつ「国技」に?

1909(明治42)年、両国に初の相撲の常設館ができた。相撲はそれまで寺社境内で催される小屋掛け興行だったから、「屋根のある専用の建物」ができるのは画期的なことだ。当初の名前はたんに「常設館」。ほかに「尚武館」「相撲館」などの名前も候補だった。

開館に先立って、当時の文士・江見水蔭(えみ・すいいん)があいさつ文を起草した。その文中に「角力は日本の国技」という表現があったのだ。当時の角界幹部である尾車文五郎(おぐるま・ぶんごろう)が、それをえらく気に入り、「国技館」という名前を提案した。これが旧両国国技館だ。

はじめに建物ありき。国技だから国技館でやっているのではなく、国技館でやっているからたぶん国技なんだろう……というモヤっとした認識で「相撲は国技」が始まり、約110年になる。

次ページ「国技館」への長い道のり
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ホテル爆増<br>熱狂の開業ラッシュ

2017〜20年で大都市のホテル客室数は3割以上の増加。ただし、ビジネスホテルなどの宿泊特化型に偏っており、供給過剰と競争激化の懸念も。業界は持続的に成長できるのか。