ヤフー、子会社を通じ仮想通貨事業に参入

登録業者「ビットアルゴ取引所東京」に出資

 4月13日、ヤフーは、仮想通貨事業に参入すると発表した。仮想通貨交換業の登録業者であるビットアルゴ取引所東京(東京都渋谷区)に40%資本参加することで、同社の取引所サービスを支援する。写真は2016年12月撮影(2018年 ロイター/Dado Ruvic)

[東京 13日 ロイター] - ヤフー<4689.T>は13日、仮想通貨事業に参入すると発表した。仮想通貨交換業の登録業者であるビットアルゴ取引所東京(東京都渋谷区)に40%資本参加することで、同社の取引所サービスを支援する。

ヤフーの100%子会社、Zコーポレーションが4月中をめどに、ビットアルゴの親会社シーエムディーラボから株を譲り受けるとともに、ビットアルゴの第三者割当増資を引き受ける。この結果、ビットアルゴの出資比率はシーエムディーラボが60%、Zコーポレーションが40%となり、ビットアルゴはZコーポレーションの持分法適用会社となる。出資額は非公表だが、20数億円とみられる。

ビットアルゴは2018年秋に取引所サービスを開始する予定で、ヤフーはサービス運営やセキュリティーのノウハウを提供することで、取引所サービスを支える。

(志田義寧)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT