ヤフー、子会社を通じ仮想通貨事業に参入

登録業者「ビットアルゴ取引所東京」に出資

 4月13日、ヤフーは、仮想通貨事業に参入すると発表した。仮想通貨交換業の登録業者であるビットアルゴ取引所東京(東京都渋谷区)に40%資本参加することで、同社の取引所サービスを支援する。写真は2016年12月撮影(2018年 ロイター/Dado Ruvic)

[東京 13日 ロイター] - ヤフー<4689.T>は13日、仮想通貨事業に参入すると発表した。仮想通貨交換業の登録業者であるビットアルゴ取引所東京(東京都渋谷区)に40%資本参加することで、同社の取引所サービスを支援する。

ヤフーの100%子会社、Zコーポレーションが4月中をめどに、ビットアルゴの親会社シーエムディーラボから株を譲り受けるとともに、ビットアルゴの第三者割当増資を引き受ける。この結果、ビットアルゴの出資比率はシーエムディーラボが60%、Zコーポレーションが40%となり、ビットアルゴはZコーポレーションの持分法適用会社となる。出資額は非公表だが、20数億円とみられる。

ビットアルゴは2018年秋に取引所サービスを開始する予定で、ヤフーはサービス運営やセキュリティーのノウハウを提供することで、取引所サービスを支える。

(志田義寧)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。