東急ハンズ新宿店、「オタク店員」登用の理由

創業42年を迎える生活雑貨大手の危機感とは

東急ハンズ新宿店は全国の東急ハンズの店舗で最大の売り上げを誇る。その新宿店は3月から売り場改革に乗り出した(記者撮影)

文具やDIY用品、健康グッズを中心に、「ここに来れば何でもそろう」といわんばかりの品ぞろえで顧客を獲得してきた東急ハンズ。創業42年目に突入した同社が今、売り場改革に乗り出している。

高島屋と同じビルの2階から8階にまたがる新宿店は、国内の東急ハンズ47店舗のうち、最大の売り上げを誇る大型店だ。3月1日から、その新宿店のフロア各所に7人の“店主”が登場した。

個性やこだわりが強い社員

5階のインテリアフロアの一角には、睡眠にかかわるコーナーの店主・安土知宏さんが常駐する。複数のメーカーが販売するマットレスや布団、枕の中から客の要望に合った商品を探し出す。満足いく枕が見つからない場合、オーダーメード品の注文にも対応する。アロマなどの関連用品も提案し、さながら睡眠のコンシェルジュといった雰囲気だ。

睡眠コーナーの店主・安土知宏さんは、できるだけ自費で商品を購入し、商品のコストパフォーマンスを確かめる(記者撮影)

安土さんはこれまで、20年近く売り場での販売業務に携わってきた。店頭販売する商品の費用対効果を見極めるため、各メーカーの商品はできるだけ自ら購入し、使い心地を確かめるのがこだわりだ。

「メーカーからいただいたり借りたりしたものは、採点が甘くなる。自分で買った商品はジャッジも厳しくなるが、よいと感じた商品はお客様に強く薦めることができる」(安土さん)

安土さんのような店主を務めるのは、店舗販売や本社業務を経験してきた東急ハンズの社員だ。社内公募や指名により、特に個性やこだわりが強い人を集めたという。靴のケアやクラフト、コーヒーなどといったテーマ別にコーナーを受け持ち、オススメ商品の紹介や、客の要望に応じた最適な商品の提案、情報発信を行う。商品の仕入れに関しアドバイスをする権限も有しており、新宿店では9月末までに店主を20人まで増やす予定だ。

次ページ東急ハンズの危機感とは?
人気記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。