貨物列車の「自動運転」実現は物流を変えるか

トラックより実用化は早い?欧州で試験運転

その後はさらに一歩進んで、運転席もない完全自動運転を実現した鉄道が誕生した。世界で初めて完全自動運転による営業運転を行ったのは、1981年に誕生した神戸の「ポートライナー」だ。ゴムタイヤを使用した小型の車両がドア開閉や発進・停止までを完全自動で運行するもので「新交通システム」と呼ばれ、日本ではその後東京や広島など各地で採用された。それ以降、全自動運転の鉄道は主に地下鉄など都市交通を中心に、世界各地に広まっている。

一方、完全自動運転といえばゴムタイヤ車両による新交通システムである日本と異なり、海外では通常の鉄車輪を採用した鉄道で完全自動運転を実現している例も多い。

ミラノ地下鉄5号線は、定評のある旧アンサルドブレダ社(現日立レールイタリア)の自動運転システムを採用している(筆者撮影)

1987年に誕生した、英国ロンドンのドックランズ・ライトレイルウェイ(DLR)は、通常の鉄車輪を使ったシステムで、検札や安全確認を行うための乗務員は添乗しているが、基本的にはドア開閉から発進・停止まで、完全自動運転を実現している。コペンハーゲンやミラノの地下鉄などで採用されている、旧アンサルドブレダ(現日立レールイタリア)が開発したシステムも、ドライバーレス(運転士なし)の完全自動運転を実現している。

一般の鉄道でも実用化なるか

だが、これらは新設された地下鉄など、基本的にほかとは隔離された路線での実用化だ。多数の路線と混じり合い、複雑なネットワークで運行されている従来からの一般鉄道システムでの自動運転は、現実的には安全上、まだ多くの課題を抱えている。

そんな中、オランダで予定されている貨物列車での試験は、一般の鉄道における自動運転の実用化に向けた動きの一つといえる。

ロッテルダムは欧州最大の港湾施設を持ち、そこを目指して欧州各地から貨物列車がやってくる(筆者撮影)

自動運転の試験が行われるBetuweルートは、ロッテルダム南郊Kijfhoek(カイフフック)から、ドイツ国境に近いアーネムの郊外Zevenaar(ゼーフェナール)との間を結ぶ全長113kmの貨物専用線。欧州交通ネットワークTEN-T計画の一環として建設され、ドイツや近隣諸国からの貨物を欧州最大のロッテルダム港へ輸送するための重要な幹線として2007年に完成した。線路は完全に立体交差化され、曲線や勾配を抑えた設計となっている。

次ページ自動運転によって輸送力も増える
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT