米国の対中巨額赤字、元凶はiPhoneなのか

中国で組み立て、世界中に出荷

 3月21日、トランプ米大統領(写真)は、よく自身の「iPhone(アイフォーン)」を使って、中国に対して3750億ドル(約39兆円)に上る対米貿易黒字に対処するようツイートで圧力をかけている。ワシントンで22日撮影(2018年 ロイター/Leah Millis)

[上海 21日 ロイター] - トランプ米大統領は、よく自身の「iPhone(アイフォーン)」を使って、中国に対して3750億ドル(約39兆円)に上る対米貿易黒字に対処するようツイートで圧力をかけている。

中国で組み立て、世界中に出荷

しかし米アップル<AAPL.O>のアイフォーンをよく調べてみると、その数字がいかに歪(ゆが)められているかが分かる。

貿易戦争の引き金となり得るこの大きな貿易不均衡は、中国からの最大輸入品である電気・IT製品が主な要因だ。

だが、その貿易不均衡の大部分をもたらしているのが、実は「米国製」とされる製品の輸入であることを、アイフォーンは示している。そうした製品の多くは、部品に世界的なサプライヤーを使い、中国で組み立て、世界中に出荷している。

最新のアイフォーンXを見てみよう。

金融データ会社IHSマークイットの試算によると、部品コストは計370.25ドル。そのうち、110ドルは、韓国サムスン電子<005930.KS>製のディスプレー費用に充てられている。また、東芝<6502.T>と韓国SKハイニックス<000660.KS>のメモリーチップ代として計44.45ドルが計上されている。

台湾や欧米のサプライヤーからも調達している。一方、鴻海精密工業の中国製造子会社フォックスコンのような委託製造業者による組み立てコストは、製造コスト全体のわずか3─6%にすぎないとみられる。

次ページ別の算出方法を検討
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。