メディアが「フェイスブック離れ」をする事情

なぜユーチューブへ乗り換えるのか?

Facebookでは、ユーザーは動画をスクロールをして通り過ぎてしまう(写真:v777999/iStock)

ブリーチャー・レポートが運営する、スポーツとカルチャー関連の人気インスタグラムアカウント「ハウス・オブ・ハイライツ」が、その活動をインスタグラム以外にも拡大すると決めたとき、Facebookはもはや検討するオプションに入っていなかった。

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:メディアジーン)の提供記事です

その理由は、彼らのメインのオーディエンスが12歳から24歳であることだ。ハウス・オブ・ハイライツのゼネラルマネージャーであるダグ・バーンスタイン氏は、この層にとってFacebookは一番重要なプラットフォームとなっていないと語る。さらに、ハウス・オブ・ハイライツはただひたすら拡大すれば良いという戦略をとってはないという。「我々のコミュニティをより深くしていきたい」。

続々とYouTubeに参加しはじめるパブリッシャー

そこで彼らが注意を向けたのがYouTubeだ。YouTubeに参加しているパブリッシャーの数は増えている。パブリッシャーだけでなく有名なアスリートたちもYouTubeでコアなオーディエンスにリーチして収益を得るため、続々とYouTubeに参加しはじめた。

1年前、NBAのスターであるケビン・デュラント選手はファンたちとつながる方法を探索していた。彼はNBAのチームを移籍したばかりだった。彼のマネージャーであるリッチ・クライマン氏はサーティ・ファイブ・メディアの共同ファウンダーである。デュラント選手とクライマン氏は、ほかのプラットフォームではなく、YouTubeのトップの役員たちとミーティングをした。

そのなかにはCEOであるスーザン・ウォシッキー氏、最高ビジネス責任者であるロバート・キンクル氏、そして最高プロダクト責任者であるニール・モーハン氏が含まれている。YouTubeが抱えているオーディエンスが大きいことはクライマン氏もすでに知っていた。しかし、このミーティングを通してクライマン氏が学んだのは、YouTube上のスターたちがいまやさらに大きなスターとなっていること、しかしほかのアスリートのスターたちは、YouTubeをフルに活用していないことだった。

次ページファンからの力強い反応
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。