春競馬開幕「クラシックレース」の楽しみ方

国内クラシックは他レースと何が違うのか

3月4日の弥生賞(GⅡ)を制した川田将雅騎手とダノンプレミアム(写真:伊藤 康夫/アフロ)

中央競馬は春本番を迎える。最も競馬が面白くなる季節だ。3月25日の高松宮記念を皮切りに、4月1日は昨年からGⅠになった大阪杯、4月8日は桜花賞、4月15日は皐月賞とGⅠが続く。3月31日にはドバイワールドカップが行われ、日本馬が大挙遠征。4レースを国内発売する。こちらもいい結果を期待したい。

年末の大一番が一段落すると超A級馬は休養に入ることが多い。年明けの競馬はクラシックを狙う3歳馬や古馬のGⅠを狙う馬が戦うステップレースに注目が集まる。「トライアル」という言葉も目にするだろう。やはりクラシックへ向けて3歳馬が激突する競馬は面白い。3月4日に中山競馬場で行われた皐月賞トライアルGⅡ弥生賞は今年の牡馬クラシックを占う重要な一戦だった。

弥生賞はダノンプレミアムが勝利

ディープインパクト産駒でともに3戦3勝のダノンプレミアムとワグネリアンが初めて対戦。暮れの12月開催の朝日杯FS(フューチュリティステークス)を制して昨年のJRA賞で最優秀2歳牡馬に選ばれたダノンプレミアムがここも2番手から楽に抜け出し、直線で伸びてきたワグネリアンを抑えて無敗対決を制した。

同じ中山2000m芝で行われる皐月賞へ向けて一歩リードしたが、ダービーの舞台となる直線の長い東京の2400m芝ならワグネリアンの決め手が優勢かもしれない。

この連載の一覧はこちら

さらに、18日に中山競馬場で行われた皐月賞トライアルGⅡスプリングSはステルヴィオがハナ差で差し切り重賞初制覇。これで5戦3勝2着2回。2着はいずれもダノンプレミアムに先着を許したが、今回は成長を感じさせる内容で皐月賞では3度目の対決で打倒ダノンプレミアムを狙う。今年は3歳牝馬にもオルフェーヴル産駒で4戦4勝のラッキーライラックがいる。

こちらも暮れの阪神JFを制し、今季初戦となった桜花賞トライアルGⅡチューリップ賞を勝って順調に滑り出した。今年のクラシックはハイレベルの争いで本当に楽しみだ。

次ページ「クラシックレース」の位置づけとは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。