春競馬開幕「クラシックレース」の楽しみ方

国内クラシックは他レースと何が違うのか

3月4日の弥生賞(GⅡ)を制した川田将雅騎手とダノンプレミアム(写真:伊藤 康夫/アフロ)

中央競馬は春本番を迎える。最も競馬が面白くなる季節だ。3月25日の高松宮記念を皮切りに、4月1日は昨年からGⅠになった大阪杯、4月8日は桜花賞、4月15日は皐月賞とGⅠが続く。3月31日にはドバイワールドカップが行われ、日本馬が大挙遠征。4レースを国内発売する。こちらもいい結果を期待したい。

年末の大一番が一段落すると超A級馬は休養に入ることが多い。年明けの競馬はクラシックを狙う3歳馬や古馬のGⅠを狙う馬が戦うステップレースに注目が集まる。「トライアル」という言葉も目にするだろう。やはりクラシックへ向けて3歳馬が激突する競馬は面白い。3月4日に中山競馬場で行われた皐月賞トライアルGⅡ弥生賞は今年の牡馬クラシックを占う重要な一戦だった。

弥生賞はダノンプレミアムが勝利

ディープインパクト産駒でともに3戦3勝のダノンプレミアムとワグネリアンが初めて対戦。暮れの12月開催の朝日杯FS(フューチュリティステークス)を制して昨年のJRA賞で最優秀2歳牡馬に選ばれたダノンプレミアムがここも2番手から楽に抜け出し、直線で伸びてきたワグネリアンを抑えて無敗対決を制した。

同じ中山2000m芝で行われる皐月賞へ向けて一歩リードしたが、ダービーの舞台となる直線の長い東京の2400m芝ならワグネリアンの決め手が優勢かもしれない。

この連載の一覧はこちら

さらに、18日に中山競馬場で行われた皐月賞トライアルGⅡスプリングSはステルヴィオがハナ差で差し切り重賞初制覇。これで5戦3勝2着2回。2着はいずれもダノンプレミアムに先着を許したが、今回は成長を感じさせる内容で皐月賞では3度目の対決で打倒ダノンプレミアムを狙う。今年は3歳牝馬にもオルフェーヴル産駒で4戦4勝のラッキーライラックがいる。

こちらも暮れの阪神JFを制し、今季初戦となった桜花賞トライアルGⅡチューリップ賞を勝って順調に滑り出した。今年のクラシックはハイレベルの争いで本当に楽しみだ。

次ページ「クラシックレース」の位置づけとは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT