相手の「データベース」に登録されろ!

仕事をいただくには魅力的な姿を発信するのが一番

人と人をつなぐのはSNS自体ではない

自分から「仕事をください」とグイグイ言い寄るのもナシではありません。忙しくてフェイスブックを見ていないような人には、そういった方法が効果的かもしれませんし、みんながみんな、前述のようなデータベースを持っているとは限りませんから。

しかし、ボクが説明した方法で自分の魅力を上げることは、周りの人からの潜在的な評価を上げることにつながり、また自分の仕事を発信することで自己肯定感も強まります。いい仕事を得るためにも、いい仕事をするためにも、最高の手段になるのです。

そういう発信を続けていると、気づいたときには、投稿を見ていた知人じゃない人たちからもいろいろな話が来るようになります。

9月末に、大好きな「いきものがかり」のコンサートに行ったのですが、「ライブ会場なう」とツイッターでつぶやいた直後に、ボクのツイートをずっとご覧になっていたというレコード会社の方からリプライ(返信)をいただき、会場でご挨拶をさせていただきました。

あまり縁のない業界に突然、1本の糸が通じることは十分あり得ます。人と人をつなぐのは、SNS自体ではなくて、SNSでの魅力的な投稿なのです!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。