スポティファイが上場申請、10億ドル調達へ

世界最大の音楽ストリーミング会社がIPO

(写真:REUTERS/Christian Hartmann/File Photo)

音楽ストリーミングサービスのSpotify(スポティファイ)は、2月28日、米国証券取引委員会(SEC)に新規株式公開とそれに伴う10億ドルまでの資金調達を申請した。

同社はニューヨーク証券取引所に「SPOT」のティッカーシンボルで普通株を公開することを申請する予定。上場申請資料はこちら。 

スポティファイは、世界最大の音楽ストリーミング会社であり、主要なライバルとして、アップルとアマゾンがある。

スウェーデンに本社を置く同社の2017年12月期売上高は40億9000万ユーロ(49億9000万ドル)。前年度の29億5000万ユーロに対し大幅な成長をしている。一方で営業損失は、前年度の3億4900万ユーロから2017年には3億7800万ユーロに拡大した。

スポティファイは60カ国以上に展開し、プレミアムサービスへの加入者は合計7100万人。月平均利用者数は約159万人。

(執筆:Nikhil Subba 編集:Maju Samuel)

人気記事
トピックボードAD
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。