スポティファイが上場申請、10億ドル調達へ

世界最大の音楽ストリーミング会社がIPO

(写真:REUTERS/Christian Hartmann/File Photo)

音楽ストリーミングサービスのSpotify(スポティファイ)は、2月28日、米国証券取引委員会(SEC)に新規株式公開とそれに伴う10億ドルまでの資金調達を申請した。

同社はニューヨーク証券取引所に「SPOT」のティッカーシンボルで普通株を公開することを申請する予定。上場申請資料はこちら。 

スポティファイは、世界最大の音楽ストリーミング会社であり、主要なライバルとして、アップルとアマゾンがある。

スウェーデンに本社を置く同社の2017年12月期売上高は40億9000万ユーロ(49億9000万ドル)。前年度の29億5000万ユーロに対し大幅な成長をしている。一方で営業損失は、前年度の3億4900万ユーロから2017年には3億7800万ユーロに拡大した。

スポティファイは60カ国以上に展開し、プレミアムサービスへの加入者は合計7100万人。月平均利用者数は約159万人。

(執筆:Nikhil Subba 編集:Maju Samuel)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT