スポティファイが上場申請、10億ドル調達へ

世界最大の音楽ストリーミング会社がIPO

(写真:REUTERS/Christian Hartmann/File Photo)

音楽ストリーミングサービスのSpotify(スポティファイ)は、2月28日、米国証券取引委員会(SEC)に新規株式公開とそれに伴う10億ドルまでの資金調達を申請した。

同社はニューヨーク証券取引所に「SPOT」のティッカーシンボルで普通株を公開することを申請する予定。上場申請資料はこちら。 

スポティファイは、世界最大の音楽ストリーミング会社であり、主要なライバルとして、アップルとアマゾンがある。

スウェーデンに本社を置く同社の2017年12月期売上高は40億9000万ユーロ(49億9000万ドル)。前年度の29億5000万ユーロに対し大幅な成長をしている。一方で営業損失は、前年度の3億4900万ユーロから2017年には3億7800万ユーロに拡大した。

スポティファイは60カ国以上に展開し、プレミアムサービスへの加入者は合計7100万人。月平均利用者数は約159万人。

(執筆:Nikhil Subba 編集:Maju Samuel)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 就職四季報プラスワン
  • 小幡績の視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT